予告

ロキシー・ミュージックを追い出されたブラアン・イーノと、乞われてロキシーに招かれたエディ・ジョブソン。

その二人が奇妙に共演したアルバムがありますね。

その二人を招いた立役者は・・・

そして、相変わらずエキセントリックなロバート・ワイアットが、オープニングで素敵によれまくる・・・
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ソフト・マシーンの深淵!?

「ソフト・マシーンの深淵」と書きましたが、底なし沼かもですね。
何をトチ狂ったか、トマス・ピンチョンを読み始めましたが、めまいがしそうです。

オビにあるように、こういうのが果たしてポップなのでしょうか。
アンディ・ウォーホールのポップさとは全く次元が違うような・・・(笑)
謎の巨匠という肩書きがコワイですね。いえいえ、カワユイですね。

取りあえず、ピンチョン読まないと第80話書けない設定になってましたが、
ここは諦めてリセットしてみます。
こまった人ですね、マイク・ラトリッジ君。
ロバート・ワイアット君以上に世界持ってたりしてね。

books.jpg


ピンチョンの短編『スロー・ラーナー』読み終えましたが、さっそくフランク・ザッパ出てきました~。
『少量の雨』にはレスター・ヤングやジェリー・マリガンが出てくるし、
アンブローズ・ビアスやT.S.エリオットが突然、引用されます。
私のように、英米文学に明るくない人は、表面的な理解にとどまるんで、面白みが半減してしまいます。
大変だっ。
ま、とにかく・・・

皆さん、近々お会いしましょ。多分・・・(涙;)


1808499.jpg









テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

<追記> 第31話 「センチメンタル・レディ」の歌詞の謎について

第31話で取り上げた、フリートウッド・マック(ボブ・ウェルチ)の「センチメンタル・レディ」(Sentimental Lady)の歌詞の謎。

14 joys とは・・・?

記事を書いて以降、いくつかわかったこともあるので、<追記>にまとめてみました。

正確に言えば、いくつかわかったことと、ますますわからなくなったことかも・・・です。(苦笑)


<第31話 Fleetwood Mac 『Bare Trees』へ>

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR