第138話 Serge Gainsbourg『Histoire De Melody Nelson ‎』 メロディ・ネルソンの物語 (1971)

今夜の一曲 Ballade De Melody Nelson

sege (9)


こいつには打ちのめされましたね~、完膚なきまでに(笑)。

ゲンズブールがいかに変態かなんて、そんな週刊誌チックな話はどうでもいいんです。ゴッホ(Vincent Van Gogh)がどんなに奇行に走ろうが、その作品の芸術性にミソがつくことなんてないのと同様に。ゲンズブールにしたって、カラヴァッジョ(Caravaggio)みたいに殺人は犯していないですからねっ。


sege (5)


そうは言っても、中年男のゲンズがロールス・ロイスをすっ飛ばしていて、チャリのメロディをひき殺しそうになりながら、この14歳女児をなんで口説き落としてしまうのか、これは確信犯でしかないですわ。

メロディ・ネルソンが、たとえロー・ティーンだったとしても、それはそれで架空の物語なので、まぁ、いいんです。もっとも架空と言っても、このストーリーはwikiると「ロリ志向の自伝まがい」(The Lolita-esque pseudo-autobiographical plot)なので、危ない男であることに変わりはありませんがね。


sege (4)


このアルバムはゲンズやバーキンのトーキング・ヴォイスが主役を演じつつ、実はジャン・クロード・ヴァニエ(Jean-Claude Vannier)のオーソドックスでありながら、どこか屈折したオケやコラールの存在感が圧倒的なんです。

ところがですよ、この音源がCD化されたことで聞こえてしまったのが、ベースとドラムスの声でした。70年代初期特有の、もたったドラムスと、アタックに個性のあるカリッとしたファンキーなベースのうねりと絡み。時宜を得て奔放に唸りをあげるギターもジャンキーだ。こいつは、まさにアシッド・トキシック!


fi.jpg


で、誰なんだ?プレーしてるのは。調べてみるとこのアルバム、何と英国でレコーディングされている。ロンドンにあるマーブル・アーチ(Studio Marble Arch, London, England)じゃん。これはフィリップス系のスタジオだよ。

ってことは、バックを務めるのは、ここでプロダクションに雇われたスタジオ・ミュージシャンたちだ。このミュージシャンたちは長年、ノー・クレジットだった。けど、近年のメロネル再評価に伴って、ここぞとバックヤード音源がご開帳になったりで、謎の解明も進んだ模様。

sege (2)


それによるとだ、ベースはブライアン・オジャース(Brian Odgers)。オジャースと言えば、すぐに思い浮かんだのはアル・スチュワート(Al Stewart)の作品です。確認してみると『Love Chronicles』(1969)『Orange』(1972)『Past, Present & Future』(1973)ですね。

他にも調べてみたらこれがまた面白い。たとえば、

ジャン&ロレイン(Jan & Lorraine)の『Gypsy People』(1969)
ジョン・マクラフリン(John McLaughlin)の『Extrapolation』(1969)
マイケル・ギブス(Michael Gibbs)の『Michael Gibbs』(1970)
ショーン・フィリップス(Shawn Phillips)の『Second Contribution』(1970)
ルー・リード(Lou Reed)の『Lou Reed』(1972)
ティア・ナ・ノーグ(Tir Na Nog)の『Strong In The Sun』(1973)
ダナ・ガレスピー(Dana Gillespie)の『Weren't Born A Man』(1973)
キャサリン・ハウ(Catherine Howe)の『Harry』(1975)
などなど・・・


sege (1)


どんなスタイルにも合わせられる器用さは、ベイカー・ストリート・フィルハーモニック(Baker Street Philharmonic)の『By The Light Of The Moon』(1970)収録曲「Daydream」一つ取り上げても一聴瞭然ですね。

調べてみて収穫だったのがスウィート・サーズデイ(Sweet Thursday)の同名アルバム(1969)(Tetragrammaton Records)。このアルバム、これまではゲスト参加のニッキー・ホプキンス(Nicky Hopkins)にしかキョーミなかったんです。ところが、オジャースのベースはオープナーからして鳥肌モノじゃないですかぁ。


sege (11)


オジャースは自分のスタイルを創り上げてきたというより、時代の音を体で表現する才能に恵まれていたんでしょうね。ゲンズブールの諸作にも、以後、うねうねと関わっていきます。『Vu De L'Extérieur』(1973)『Rock Around The Bunker』(1975)『L'Homme À Tête De Chou』(1976)とかね。

なお、ドラムスのダギー・ライト(Dougie Wright)もデラム(Deram)系にワクワクするようなアルバムを残しています。一例をあげると・・・


sege (7)


sege (10)


sege (3)


サンフォレスト(Sunforest)の『Sound Of Sunforest』(1969)
ウィスラー(Whistler) の『Ho-Hum』(1971)
コズミック・アイ(Cosmic Eye)の『Dream Sequence』(1972)

ゲンズネタを語り始めたら底なし沼です(笑)。そうそう、メロディ・ネルソンに打ちのめされた私をさらに興奮のるつぼに放り込んだのがこれ。"La Horse"(1969)。


sege (8)


ピエール・グラニエール・ドフェール(Pierre Grannier-Deferre)の映画『La Horse』(麻薬)のテーマ。プロモ用の7インチ45RPMしか存在しなかった激レア級。ここでもヴァニエ(Jean-Claude Vannier)の力は大きいぞ!SideBが "L'Alouette" (1969)ですね。

つくづくゲンズブールは全く油断ならないオヤジだぜ。


sege (6)


Lyrics, Music, Piano, Vocals – Serge Gainsbourg
Vocals – Jane Birkin
Bass – Brian Odgers
Drums – Dougie Wright
Lead Guitar – Vic Flick
Rhythm Guitar – Big Jim Sullivan
Piano, Organ, Harmonium, Timbales – Jean-Claude Vannier
Keyboards – Roger Coulam
Choir – Grand Orchestre À Cordes Des Jeunesses Musicales De France
Cor Anglais – Georges Barboteu
Electric Violin – Jean-Luc Ponty
Orchestra conductor, arranged by – Jean-Claude Vannier


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

第135話  Schizo 『Schizo!』 (1972)

今夜の一曲  Schizo (And The Little Girl)


schizo (1)


ユリュス/ディジュンクタ(Urus / Disjuncta)のカタログ界隈を眺めてみると、スキゾー(Schizo)とかね、これがまた、入手困難でオリジナルは一度も見たことがなかった。これがまた、リシャール・ピナス(Richard Pinhas)絡みのレア盤ときた。

このセルフ・プロデュースの7"シングル『Schizo (And The Little Girl) / Paraphrénia Praecox』はスキゾーの一年限りの活動を留めた貴重な記録となり、フレンチ・アンダーグラウンド・シーンに一石を投じました。

この作品は、オウン・レーベルであるSFP (Société Française de Productions Phonographiques)における唯一作となっています。


schizo (2)


実はスキゾーにはセカンド・シングルがあり、これはピナスがSFPに次いで始動させたディジュンクタからのセルフ・リリース。『Le Voyageur / Torcol 』がそれですが、何と無料配布されたという情報もあります。

ピナスは高校時代、後にマグマに加入するクラウス・ブラスキ(Klaus Blasquiz)と共にブルース・コンヴェンション(Blues Convention)で活動したと言われています。スキゾーを始動させた時、彼はソルボンヌ大学(パリ第八大学?)で哲学を専攻する学生でした。

彼は、フランスを代表する哲学者ジャン・フランソワ・リオタール(Jean-François Lyotard)の指導のもと、『精神分析と空想科学小説』( Le rapport entre la schizoanalyse et la science-fiction )の論文を書き上げてPh.Dを取得しています。


schizo (5)


また、セカンドの「Le Voyageur」には、哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)のテキストが、ピナスの敬愛する哲学者のジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze)によって、おどろおどろしいモノローグで収録されています。

参加メンバーはそのままエルドンのファースト・アルバム『Electronique Guerilla』に吸収されていきました。

1974年にファースト『Electronique Guerilla』をリリースしたエルドンですが、そのバンド名は米国のSFP作家ノーマン・スピンラッド(Norman Spinrad)の書いた小説『鉄の夢』(The Iron Dream)の中のディストピア(!)である架空の都市、ヘルドンから取られました。


schizo (6)


この作品中では、壮絶な核戦争が吹き荒れたのち、放射能に汚染された地球が、ミュータントの支配する地獄と化しています。かろうじて生き残った人類は、奇跡的に汚染をまぬがれた土地にヘルドン大共和国を樹立していましたが、ここにも、ミュータントの魔手が迫りつつありました。

そして今、風前の灯のヘルドンを救うべく、一人の男(フェリック・ジャガー)が立ち上がる・・・という筋立て。それにしても、ヒットラーがSF作家として登場するという奇想天外なプロットには驚かされます。

この作品はアメリカのみならず、フランスで絶大な支持を受けています。そして、ピナス自身も1973年にロサンゼルスで、自らスピンラッドに会っているのです。


schizo (7)


ところで、このピナスのヘヴィ・サイケでアヴァン・エレクトロニクスな初期メガレア作、前世紀のうちに再発されるだろうと期待していましたが、これがどうしてなかなか。

2005年にはドイツの Red Lounge Records ‎(RLR 006)からようやくファースト・シングルに加えてセカンドから「Le Voyageur」を加えた7"がリリースされていました。(Vinyl, 7", 45 RPM, Single)

私が初めて音の全貌に触れたのはキャプテン・トリップ様の紙ジャケ・シリーズ『Single Collection 1972-1980』CTCD-560.(2006)でした。頭の4曲がそのままSchizoのファースト&セカンド収録の4曲だったのです。

その後、2009年になって、スペインのWah Wah Recordsが、限定500でエルドンの『Electronique Guerilla』と抱き合わせでVinyl, 7", 33 ⅓ RPM, EP, のフォーマットでリイッシューしました。


schizo (4)


パリのレコード店がリリースしたSouffle Continu Records(FFL001 )(2014) の「Le Voyageur / Torcol」が最新のカタログというところでしょうか。first out of a reissue series of three groundbreaking 7inch EP by RICHARD PINHAS / SCHIZO / HELDONなんて書かれていますから、ちびってしまいますね。限定700枚のクリア・ヴァイナル(limited run of 700 pressed on clear vinyl 45 rpm)です。ちなみにお値段は€8.50

フリップ&イーノ(Robert Fripp and Brian Eno)の『No Pussyfooting』(1973)、キング・クリムゾン(King Crimson)の『Larks' Tongues in Aspic』(1973)、『Red』(1974)、フィリップ・グラス(Philip Glass)のミニマル・ミュージックの影響下に、独自の美学と哲学を貫こうと1974年から1979年を駆け抜け、7枚のアルバムを残したピナスのエルドン。

彼のルーツを見る思いでSchizoを聞き直してみるのもいいかもしれません。ネット・サイトのトカフィ(tokafi)には「ピナスへの15の質問」(15 Questions to Richard Pinhas)というページがあります。そこでピナスはこんなことを言っています。「なんだかんだ言っても、僕のやっているのはロックなんだ。ワグナーだってロックの歴史の一部なんだからさ。」(In any case, I feel as though I belong to Rock and Roll music... But then again, for me, even Wagner is a part of Rock n Roll history.)

むむむ・・・





1st Sigle『Schizo (And The Little Girl) / Paraphrénia Praecox』
Electric Guitar – Richard Pinhas
Voice – Pierre Roussel
Composed By – Pierre Roussel, Richard Pinhas


2nd Single『Le Voyageur / Torcol 』
Guitar, Synthesizer [VCS 3] – Richard Pinhas
Bass – Pierrot Roussel
Percussion – Coco Roussel
Piano, Synthesizer [Moog] – Patrick Gauthier
Guest [Guest Star], Vocals – Gilles Deleuze
Guest [Orthopedic Shoes], Synthesizer [Mini-Moog] – Georges Grumblatt

<追記>TRさんから、いただいたリプライに「オリジナルが家にあったと思ったら、スペイン盤でした。フランス盤は幻ですね。」とありました。でも、スペイン盤はスペイン盤で貴重ですね! Discophonものはtodocoleccionでは55ユーロつけてます。フランス盤オリジナルだとeBayでVG++/VG++が94ユーロですねぇ ^^;

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

第134話 Alain Goraguer 『La Planète Sauvage』 (1973)

今夜の一曲  La Femme


133 (5)


フレンチ・プログレ・ファンに地味におなじみ(笑)のアラン・ゴラゲール。ジャズ・ピアニスト、作曲家、アレンジャー。ボリス・ヴィアン(Boris Vian)やセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の『山小舎の狼』(Les loups dans la bergerie)(1960)などで競演したミュージシャンです。

長編アニメ映画『ファンタスティック・プラネット』(La Planète sauvage / Fantastic Planet)の映画音楽を担当。映画の監督はルネ・ラルー(René Laloux)。

この映画は1973年のカンヌ国際映画祭で、アニメ映画としては初めて、な・な・なんと審査員特別賞を受賞してますね。原画は共同脚本を手掛けたローラン・トポール(Roland Topor)。

巨大なドラーグ族(the Draggs)に支配された、人間に似たオム族(The Oms)。オム族はドラーグ族のペットであったり、大量虐殺の対象だったりします。


133 (4)


wikiってみると「奇妙な巨大生物の描写など、宮崎駿の漫画・アニメ『風の谷のナウシカ』に影響を与えたと指摘されている。」と書かれています。
※文化庁メディア芸術プラザVol.1 カットアウト・アニメーション「PICK UP」より

ストーリー自体はネット上で容易に検索できるので敢えて触れませんが、この作品はフランス・チェコ共同制作(A French / Czech co-production)となってますね。

フランスには長編アニメ映画を制作する環境がなかったようです。そこでチェコ・アニメの名匠イジー・トルンカ(Jiří Trnka)のスタジオに身を寄せたわけです。




※「トルンカの作品はチェコだけでなく他の東ヨーロッパのアニメーションの規範とされ、アニメーションに与えた影響はウォルト・ディズニーと比肩すると評価されている。」

※横田正夫、小出正志、池田宏編『アニメーションの事典』(朝倉書店, 2012年7月)
※岡田英美子「トルンカ」『東欧を知る事典』新訂増補収録(平凡社, 2001年3月)
※津堅信之『アニメーション学入門』(平凡社新書, 平凡社, 2005年9月)


133 (3)


しかし、プラハでの制作が進みながら、コミュニスト当局からの干渉を受けて、パリに制作の拠点を移さねばならなかったとも聞きます。

チェコでの制作スタッフはルネ・ラルー以外はすべてチェコ人(当時)で、彼らは映画にチェコ風の味付けがしたくて、ルネをチェコ人ディレクター、ヨセフ・カブラ(Josef Kábrt)とすげ替えようとする不穏な動きがあったのです。制作は決して順風満帆ではなかったようです。
※IMdb "Fantastic Planet Trivia"

さて、忘れてはいけないのが、本映画のストーリーの原作者。フランスを代表するSF作家ステファン・ウル(Stefan Wul)。彼の小説『オム族がいっぱい』(Oms en Série)が原作です。

面白いつながりを感じるのは、ブラジルのオス・ムタンチス(Os Mutantes)。ブラジリアン・サイケからプログレまで、守備範囲の広い活動をしていた彼らですが、そのグループ名は、アルナウド(Arnaldo Baptista)とセルジオ(Sérgio Dias Baptista)の二人が読んでいた、ステファン・ウルの小説がヒントだったとか。


133 (2)


そのタイトルが『La Mort Vivante』(The Living Death)(1958)。ポルトガル語訳の表題が『O Império dos Mutantes』(The Empire Of The Mutants)だったんですね。

いつぞや、これをSNSでつぶやいた時、私の敬愛する某マンガ家ATさんから「このアニメは音楽含め、初めて観た時の衝撃は忘れられませんでしたよ!!」とマニアックなリプライが帰ってきて、たまげました~(笑)。

ムタンチスと言えば、これが究極でしょう。「Mande Um Abraço Pra Velha」(1972)なんとまぁ、これをシングル・リリースするという暴挙に出るとは!ヒタ・リー(Rita Lee)も逃げ出すわけですね ^^; 




さて、今宵はトコを聞きながら、床につきましょうか(笑)一聴しただけで『Outro Lugar』には虜になりました。ロザリア・デ・ソウザ(Rosalia de Souza)やコラリー・クレモン(Coralie Clément)とのデュエットもいい味してます。一日のクールダウンにぴったりかな。


テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

第104話 Jean-Claude Vincent  『Lettre Au Passé』 (1977) France

今夜の一曲  L'alcool


104 (4)


<レコードあさり編> その1

CM パテ書房でレコードあさりした後の屋台の恵比寿ラーメンがうまかった(笑)。昔のパテの買い付け人は、後に目白ユーファ、西新宿GSMを出店した人でしたね。ユーファは開店した時、何度か行ったけど、GSMには一度も行ったことがないですね。

TA 掘り出し物を見つけた後のラーメンは、さぞおいしかったでしょうね。私は、レコードあさりしてる時には、ろくなもの食べてなかったです。飯食ってる時間より、レコード店のエサ場に首突っ込んでる時間の方が長かった(笑)。

CP 私は高円寺で中古レコード屋巡りをすると、決まった喫茶店でカレー食べてました。当時は中古盤を扱う店が5店舗ほどあったので、休憩ついでに。中野の店巡りをすると、定食屋のA定食で締める、というパターンでした。どちらも今はもう無くなってしまいました。

TA 自分はもっと不健康に、ハンバーガーとか牛丼で食いつなぎつつ、レコードあさってました。西新宿あたりだと、そのエリアだけで一日つぶれますしね。これもある意味、不健全娯楽と申せましょう。


無題2


CP 西新宿だと新宿レコード周辺で中華を食べることが多かったです。思い出すと、なんか行く先々でパターン化してたことに気づかされますね。

CM 店名を忘れましたが、西新宿のレコード屋が出前で使ってた中華料理屋があって、そこの中華丼ばかり食べてたような気がします。あとは餃子の王将かな(笑)。

CP 西新宿は飯屋には困らなかったですね。私が足しげく通ってた頃はKINNIEやOMが賑わってた頃でした。あの界隈だけでも数多くのレコード屋があったので、ほんと重宝しました。

CM そういえば私も、高円寺に行ったらカレーが多かったような気がする(笑)。注文の仕方とか、食べ方にうるさい変に頑固なオヤジがやってたニャンキースという南口にあったカレー屋を思い出しますよ。


104 (6)


CP 私が通ってた際に寄ったのは、高円寺のアミナダブというレゲエと中古盤を専門にした小さな店のそばの喫茶店でした。今はもうどちらも無くなってしまいました。高円寺も昔とは様変わりしました。

CM アミナダブの名前、久々に聞きました。友人の家がすぐ近所にあって、たびたび寄りましたが、いつも見るだけであまり買いませんでした。あの辺りも、もうかれこれ十年以上行ってないです。

CP あまりに狭くて、セール時には人がすれ違うのも困難な店でしたね。降りるのが怖い階段もあって・・・

CM どうにかしてくれ、この狭い階段!って上りながら思ってました(笑)。自分がよく通った吉祥寺にあった芽瑠璃堂。うなぎの寝床のような間口が狭い店舗もまた懐かしい。あの頃は個性的な店舗が一杯ありました。

TA 中にはまるで客を拒否するかの勢いの、積み上げ&放り込み倉庫的な店とか(笑)。


eb.jpg


CP 昔は中央線沿線にもレコード屋がたくさんありました。雑誌片手にあちこちまわったものです。

CM 80年初頭頃までの中央線沿線のレコード屋はよく知ってるんですが、それ以降ほとんど行ってないので、今行ったら浦島太郎状態ですよ。

TA ほんとですね。あの頃は、GPS もポータブルナビもなかったので、店を探すのが無茶苦茶大変でした。中には想像を絶する危険水域に店舗を構えてるところもありましたね(笑)。

CM そうそう、『レコード・マップ』なんて便利な本はなかったし、音楽雑誌の店の広告のマップが頼り、中には分かりづらいマップもあって、最後は店に電話してようやく辿り着けたなんてこともよくありました。

TA しかも、かつては携帯電話などと言う便利な道具もなかったので、店に電話して場所を確認しようにも、まずは公衆電話を探す必要があったし。


無題

TA 地方都市に住んでると、都内に足を運べるのは出張とかコンサートとか、友人に会う機会を利用してレコード店巡りするのがせいぜい。『レコード・マップ』が出て、ようやく全貌がつかめたという印象かな。

TA バスターミナルのコインロッカーに荷物預けて身軽になってから気合い入れて出陣するわけです(笑)。レコマップの必要箇所をコピって、WearhouseとかVinyl Japanとかゆうらしあとか、あとディスクユニオン系ね、西新宿なら。でも、レコマップの地図が違ってることもあって路頭に迷いました。

TA たいていは西新宿だけで時間切れ。それでも、ラングルヴァン(L'engoulevent)『オオカミの住む島』(L'Ile Ou Vivent Les Loups)やキャラヴァン(Caravan)の『グレイとピンクの地』(In The Land Of Grey And Pink)、ジャン・クロード・ヴァンサン(Jean-Claude Vincent)『Lettre Au Passé』、パタフォニー(Pataphonie)『Pataphonie』、エマニュエル・ブーズ(Emmanuel Booz)『聖なる浮浪者』(Clochard)、なんて見つけた日にゃ鼻血出たもんです。


<識者評>
鼻血出たり、血圧上がったり、カビくさい閉塞空間でエサ場をあさったり、ロクな食事もせず貧栄養状態で場末のビル街をうろついたりと、一体彼らは何ものなんでしょうね。次回、めでたくこの項終わりです(笑)。




Jean-Claude Vincent / vocals
Christian Decamps / keys
Valéry Btesh / Vocals, guitars
Alain Berge / bass
Claude-Marius David / flute, soprano saxophone and percussion
Jean-Pierre Garbin / drums

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

第5話 Atoll 『L'Araignée-Mal』 (1975) France

今夜の一曲 Le Photographe Exorciste


Atoll - LAraignee


 キング・レコードの European Rock Collection Part IIを聴いてたまげた。発売当時、にわか仕立てのユーロ・ロック・ファンだった私。無知ををさらけ出すようで恥ずかしいのだが、こんなクオリティの高い音楽が世に存在するなんて、とても信じられなかった。演奏技術は勿論、フランス語のエキゾチックな響きが衝撃に拍車をかけた。

 フランス語というだけで、これがハードルになってフレンチ・ロックに激しい拒否反応を示す人を多数見てきました。でも、この響きの好きな人にとっては脳内物質でいえば、ドーパミン過剰なヤバい状態に陥る危険性があるようです。

 ダイナミックで壮大な叙事詩にも思える大作が収められた『L'Araignée-Mal』(夢魔)。確かにイエスやマハビシュヌ・オーケストラといった大英帝国のプログレ先達の影響はそこかしこ。だが、これがフランス語で歌われると、唯一無二の魅力を放って光り輝く。期せずしてたちまち彼らの術中に陥ってしまった私。

それにしても、キングのカタログには実に恥ずかしいウリ文句が並んでいた・・・「この一枚を聴かずしてヨーロピアン・ロックは語れない!」そうです。(笑)

 この曲は彼らのセカンド・アルバム『L'Araignée-Mal』のオープナー。Webにはこの曲にエドガー・アラン・ポー の『アッシャー家の崩壊』があてられた動画がアップされていた。これがまた、オカルティックな歌詞にぴったりはまっていて、思わず鳥肌が立った。


Richard Aubert / violin
Andre Balzer / lead vocals, percussion
Christian Beya / guitar
Alain Gozzo / drums
Michel Taillet / keyboards
Jean Luc Thillot / bass





テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR