スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第101話 Traffic  『Last Exit』 (1969) U.K.

今夜の一曲  Withering Tree


tcbs (9)


さて、映画『タッチャブル』(The Touchables) (1968)に話を振りましょう 。当初の計画では、スティーヴ・ウィンウッドが映画のテーマ音楽を担当する予定だった・・・という話を聞きました。ところが実際には、Nirvana U.K.の曲が採用されました。果たして、事の真相は?

今回取り上げたトラフィック(Traffic)の「Withering Tree」。実はこの曲は『タッチャブル』のために書かれたというのが定説です。サード・アルバム『ラスト・エグジット』(Last Exit)A④に収録されています。実際、歌詞にも"The Touchables"という言葉が出てきますよ。

この曲は、シングル曲「フィーリン・オールライト」(Feelin' Alright)(Sept. 1968)のB面曲で、作詞ジム・キャパルディ(Jim Capaldi)、作曲スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)の共作となっています。


tcbs (4)


アルバム自体はグループのオリジナル・レコーディングではなく、シングルB面コレクションと未発曲、そしてフィルモア・ウェスト(Fillmore West)でのメイソン抜きの三人ライヴとなっています。しかし、編集モノとして片付けてしまうには惜しまれるほど、なかなか密度の濃い出来上がりだと思います。※当時はバンドは活動休止状態だった。

いずれにせよ、この曲が映画に使われることはありませんでした。ウィンウッドが多忙で、曲が間に合わなかったのでしょうか。

実はちょっとよくわからない部分もあるんです。1968年3月16日付けの『New Musical Express』誌にウィンウッドのインタビューが載っています。


mrfantasy.jpg


その記事によると、ウィンウッドはインタビューの前日、スピークイージー(The Speakeasy Club)でのギグを終えてから、スプーキー・トゥース(Spooky Tooth)がディランの曲をレコーディングするのを見に行って睡眠不足。結局、このインタビューには予定していたジム・キャパルディもクリス・ウッドは現れませんでした。※出入りの激しいメイソンでしたが、この時期もメイソン不在。

その記事によると、あと1~2ヶ月で『タッチャブル』が公開される、とあります。そしてウィンウッドがそのタイトル・ソング(冒頭とエンディングに流れる)を担当する旨が記されているではありませんか。同時に同名のシングルの予定もある、と書かれています。

曲はジム・キャパルディが詩を書き、ウィンウッドが曲をつけ、クリスを加えたトリオ編成のトラフィックが演奏するフォーマット。


tcbs (10)


その後トラフィックは米国でデビュー・ギグの予定がありました。サンフランシスコのフィルモア・ウェストでしょうか。その後ニューヨークのレコード・プラント(Record Plant)へと駆けつける予定でした。

怒濤のようなスケジュールの波に飲まれてか、映画のタイトル・ソングが間に合わず、その座をNirvana U.K.に譲ったのでしょうか。

さて、映画『タッチャブル』のテーマ曲の話でした。スティーヴ・ウィンウッドに替わって、映画のテーマ曲に選ばれたのは、Nirvana U.K.のシングル曲「All Of Us」。これは、映画のトレーラー(予告編)でも聞くことができます。


tcbs (5)


この曲が映画に使われるきっかけは、映画のプロダクション・スタッフがたまたまデモ・テープを耳にしてのことだった、という話。Nirvana U.K.も、映画『タッチャブル』も、いずれも企画会社が同じだったという環境。ちなみにトラフィックもアイランド(Island Records)所属アーチストでした。

「All Of Us」の歌詞は、少なくとも映画を念頭に書いたものではなさそう。むしろ、映画の挿入歌になったという事で、曲のタイトルを「The Touchables(All Of Us)」に修正した・・・と考える方が順当でしょう。

「All Of Us」は、Nirvana U.K.のセカンド・アルバム『All Of Us』のタイトル曲。A面の三曲目に収められています。※Original Motion Picture Soundtrackには「The Touchables Theme (All Of Us)」と記されている。


tcbs (8)


アルバムは通称『All Of Us』と呼ばれますが、正式タイトルは『The Existence Of Chance Is Everything And Nothing While The Greatest Achievement Is The Living Of Life, And So Say All Of Us』と舌をかむ勢いです。アルバム・カバーに引用されたピエール・フリテル(Pierre Fritel)の絵画と、何らかの関連があるのでしょうか。

パトリックの作品のジャケは、ソロ/グループ問わず、不思議な匂いを放っています。『All Of Us』に関して言えば、クレジットに表のデザインがC.C.S.、裏の写真はGered Mankowitzと書いてあることに気づきました。彼らがパトリックの見立てをバックアップした仕掛け人というわけでしょうか。

映画『タッチャブル』は、ロバート・フリーマン(Robert Frreeman)監督作。彼はビートルズ(The Beatles)の『ウィズ・ザ・ビートルズ』(1963)『ビートルズ・フォア・セール』(1964)『ラバー・ソウル』(1965)のジャケット写真を担当した写真家です。


tcbs (7)


同時に、映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(ア・ハード・デイズ・ナイト)」』(A Hard Day's Night)(1964)や、『ヘルプ!4人はアイドル』(Help!)(1965)にもスタッフとして参加、タイトル・デザインを担当しています。

『タッチャブル』の筋立ては、評によればまさにスウィンギング・ロンドン(Swinging London)を代表する映画で、カルト映画という表現にぴったり。

クリスチャン(Christian)というロック・スターが、四人の美女に誘拐され、性の奴隷になって虐げられる。ああ、私と替わっていただきたい。ジュディ(Judy)、エスター(Esther)、キャシー(Kathy)、マリリン(Marylin)演じるモッド・ガールズは激ヤバ系。


tcbs (2)


クリスチャンは、プラスチック製のシースルーなシャボン玉のカプセルに監禁されます。彼のモデルは、当時のロック・アイドル=ブライアン・ジョーンズ(Brian Jones)あたりでしょうか。まぁ、この下らなさこそ、本映画の最大の魅力ですから。良くも悪くも時代の空気を閉じ込めたエンタメ作です。

トレーラ(予告編)を見てみると、この映画の最後には「16歳未満は保護者同伴のこと」ってキャプションが映し出されます。まぁ、私が親の立場なら、我が子にはこの映画、絶対見せたくないですよ。

世の退廃と堕落がマーズ(MERS)並みの連鎖で愛する子どもたちに感染したらどうするんでしょうか。この映画には、バイオ・ハザード的に、リスク4並みの致死性を感じます。おー、やだやだ。素晴らしき面白バカバカさの典型。


tcbs (1)


個人の感想ですが、『タッチャブル』には、ジェーン・フォンダ(Jane Fonda)の『バーバレラ』(Barbarella)(1968)にも共通する、倒錯した退廃の腐臭を感じます。当時、ジェーンは監督のロジェ・ヴァディム(Roger Vadim)の奥さんでした。愛する嫁はんに何させるんだ、あんたは。モリス・ジャール(Maurice Jarre)の音楽も勿体つけたようで100%楽しめます。

それにしても、『チャイナ・シンドローム』(The China Syndrome)(1979)からジェーン・フォンダに入った私にとって、『バーバレラ』はあんまりだった。あまりにおバカすぎて、ジェーンのキャラ・イメージの大きな落差に脳髄までしびれました。


tcbs (11)


改めて映画『タッチャブル』のクレジットを確認すると、ミュージック・スコアのクレジットに、コンポーザーとしてケン・ソーン(Ken Thorne)の名前があります。

『タッチャブル』の20世紀フォックスのオリジナル・サウンド・トラックには、新興のアイランド・レコード系のアーティスト陣が参加しています。

Nirvana U.K.以外にも、ジャズ&ブルース・ロック・バンドのウィンダー・K・フロッグ(Wynder K. Frog)、愛すべきB級ブリット・ハードなスプーキー・トゥース(Spooky Tooth)、パイ(Pye Records)からは、R&B系のフェリス・ホイール(Ferris Wheel)などを収録しています。


tcbs (6)


思いっきりソウルフルなロイ・レッドマン(Roy Redman)の「Good Day Sunshine」には脳天たたき割られました。当時、OST(オリジナル・サウンド・トラック)が日本盤LPとして発売されたってのも驚きの極致です。世の中には説明のつかない怪奇現象が突如として起こるものです。

中でも最大のミステリーは、映画『タッチャブル』が、20世紀Foxが配信してすぐ、オリジナルが消失!したという恐ろしい事実。以来、一度もVHSにもDVDにもなっていない?

はて、面妖な。ならば、ウェブ上の動画の断片は一体どういうルートで流れてきたのか。奇々怪々、複雑怪奇。これまでTV放映された経歴はあるのでしょうか?

クールなスウィンギング60sのモッド・コメディ。馬鹿らしいけど、一度は全編通して見てみたい。







Jim Capaldi - drums, vocals
Dave Mason - guitar, vocals
Steve Winwood - guitar, keyboards, vocals
Chris Wood - flute, saxophone
スポンサーサイト

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

第100話 Nirvana U.K. 『Local Anaesthetic』 (局部麻酔) (1971) U.K.

今夜の一曲  Modus Operandi


nirdisc (1)


その昔、某プログレ誌で「ネクロフィリズム」(necrophilism / necrophilia)の代表格が『局部麻酔』(Local Anaesthetic)のスリーヴだという記事を読んだ。「ネクロ(Necro-)」とは「死」を表す接頭辞、「フィロ(-philo-)」は「愛する」なので、これで「死体愛」とか、性倒錯のたぐいの、ただならぬ言葉らしいことを、ぼんやり理解した。

編者はおそらく、その言葉を踏まえながら、もっと広い意味でキーフ(Keef)の異様なスリーヴ・デザイン群をカテゴライズしようとしたのだろう。キーフは無機質なモチーフをことさらに強調する手法を選ぶことで、生命感の希薄さをいっそう際立たせようとした。


nirdisc (8)


ニルヴァーナU.K.の『局部麻酔』は、彼らの四枚目のアルバム。ファンにとってはこれがヴァーティゴ(Vertigo)からリリースされたという事実が重要だった。だが、それまでのソフト・サイケなポップ・サウンドとは距離を置くような前衛的な音のコラージュは、私をひたすら戸惑わせることになる。

既にアレックス・スパイロポウロス(Alex Spyropoulos)は、パトリック・キャンベル・ライオンズ(Patrick Campbell-Lyons)のもとを離れていた。必然的にソロ・プロジェクトと化したねじれた音空間は、クライマックスもないし、カタルシスを超えた陶酔もなかった。


nirdisc (9)


雑味というか、アヴァン臭をもって是とするか非とするか、ここには決定的な踏み絵がある。極上のポップ・サイケの神髄を見ることを期待したファンたちは、このアルバムはなかったことにして、即時、その場を離れた。実は私もその一人だった。素材としては面白かろうが、アートとしてはどうなのか?トータルな意味でレシピに工夫が欲しかったとは思う。

そうは言いつつ、後ろ髪を引かれるのは、キーフのジャケットに包まれたヴァーティゴの渦巻き(スワール)、その一点にある。これは個人的な感懐なので、取り上げるに値しないかもしれないが、誰か一人くらいはこんな私的な怨念をネットに乗せたっていいだろう。これはとりもなおさず、私のNirvana U.K.への片思いなのだから。


nirdisc (6)


確かに、『All Of Us』などは、かなりお金をつぎ込んで取り組んだアルバムだった。プロデューサのクリス・ブラックウェル(Chris Blackwell)も、資金を投入して気張ってみせた。アイランド(Island Records)も、本気でプッシュしようとした。

だが、『All of Us』を最後に、クリス・ブラックウェルとは決裂。不運にも移籍先のメトロメディア(Metromedia)は倒産、ヴァーティゴに移籍し、実質、Nirvana U.K.はソロ・プロジェクト化した。


nirdisc (3)


パトリックは、翼を得たサイモンがマグダレーナと結ばれるメルヘン・ポップなコンセプト作『The Story Of Simon Simopath』(1967)で若干24歳。ピエール・フリテルの不気味な絵画をフロントにすえて謎めいた『All Of Us』(1968)で25歳。

音作りやコンセプトについても若さゆえの勢いみたいなのがあった。いいんですよ、若いもんは何をやっても(突然のオジさん的発言)。ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が「イエスタデイ」を書いたのも二十代前半だったし。

nirdisc (2)


その終着駅がこれだ。パトリック28歳。ポール・マッカートニーも28歳の時には、既にビートルズと訣別している。

『Local Anaesthetic』当時の邦題は『局部麻酔』なんかじゃなくって『涅槃(ねはん)』だったから笑える(笑)。グループ名もニアヴァーナと表記されていた。


nirdisc (7)


元々R&B志向の強いパトリックが業界の流れに揉まれつつ、本気でやりたかった音楽は、結局これだったのか。いや、整理しきれない心象風景を、浮かび来るままに記録した、というのが案外正解だろう。

しかしだ、プロデュースの方向性として、これで良かったのかという疑問は残る。これが、良くも悪くもセルフ・プロデュースの限界だった。泥沼のジャムもテオ・マセロ(Teo Macero)のように、カット&ペースト次第でアートに仕上がっただろうに。

nirdisc (4)


そう思えばこそ、1人の天才を喪失した寂寥感にむせび泣く今宵である。

<第52話 Nirvana 『All Of Us』 ピエール・フリテルの絵画の謎へ>


Patrick Campbell-Lyons
Pete Kelly
Tony Duhig ?
Jon Field ?
Mel Collins ?

nirdisc (5)

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

第99話 The Who 『Who's Next』 (1971) U.K.

今夜の一曲  Baba O'Riley 「バーバ・オライリィ」


13385.jpg


イースト・オブ・エデン(East Of Eden)のデイブ・アーバス(Dave Arbus)絡みの名曲。『Who's Next』(1971年8月 全英1位)に収録されていた曲ですが、何と2012年ロンドン五輪の大トリで演奏するくらい、思い入れたっぷりの曲だったようです。

この曲は、デイブ・アーバスの名を全世界に知らしめた曲でした。「バーバ・オライリィ」に先だつ1970年5月、イースト・オブ・エデンは「ジグ・ア・ジグ」(Jig-a-Jig)をチャート・エントリー(全英7位)させています。

この曲、「Jig-a-Jig」は、偶発的に出来上がったもののようです。コンサートのトリでアーバスがジグ(実際には伝統舞踊のリール)を演奏したところ、他のメンバーも追随し、聴衆に大受けしたとか。これはアーバスが2010年12月にMojo Magazineに明かした秘話。


f231b474-5c82-4f32-a2a5-06ad9677ebc6.jpg


※Songfactsより抜粋/アーバスは自分たちがやりたい音楽を奏でたかったが、観客もプロダクションもそれを許さず、結局、「Jig-a-Jig」の大ヒットによってイースト・オブ・デンのアイデンティティは崩壊したと言う。アーバスはシングル・ヒットをフォローアップするのではなく、アルバムで勝負したかった。バンドは決裂して主要メンバー脱退、という憂き目に会う。

ともあれ、このケルティック・ロックによって注目を浴びたアーバスに声がかかり、「バーバ・オライリィ」でのバイオリン演奏につながった。

それにしても、「バーバ・オライリィ」とは妙なタイトル。それでいて、曲中に一言たりとも「バーバ・オライリィ」なんてラインは登場しない。一聴して、曲中で何度もリフレインされるのが「Teenage Wasteland」。これが曲のタイトルかと思い込むファンがいてもおかしくありません。


PeteTownshendLifehouseElementsFront.jpg


この曲を理解するには、ウッドストックでピート・タウンゼントらが目にした光景と、幻に終わったロック・オペラ『ライフハウス』(Lifehouse)についての理解が必要かも知れません。この未発のオペラ企画は、1969年の『トミー』(Tommy)に次ぐロック・オペラ第二弾として、企画が持ち上がりました。

タイトルについてですが、バーバというのは、インド出身の思想家・宗教家のメヘル・バーバ(Meher Baba/1894-1969)。タウンゼントの敬愛するスピリチャルな導師(グル)だということです。

バーバは貧者やハンセン病に苦しむ人々への慈善を含め、人々が神からのメッセージに近づくための啓蒙に、その生涯を捧げた人でした。1925年から、没する1969年までの44年間、彼は信仰上の理由で文字通り沈黙を守り、一切の会話はアルファベット板を利用するという徹底した手法をとりました。


_m3zilA_gzNv0X9axB-tww.jpg


一方、ライリーとは、ミニマル・ミュージックの寵児(ちょうじ)、テリー・ライリー(Terry Riley/1935- )を指しています。こちらもタウンゼントが音楽的に多大な影響を受けた作曲家です。

実際、「バーバ・オライリィ」のシンセサイザーの使い方は当時、革新的でした。これまではリード楽器としてのシンセの用法は一般的でしたが、ここではオルガン・サウンドをシンセを通した上でシークエンサでドライブし、リズム楽器としての用法に特化させた使い方をしています。以後、多くのフォロワーが出現しました。ただし、ライブでの再現は困難なので、ギグではテープ同期の手法がとられています。(※Songfactsによる)

この曲にデイブ・アーバスが参加するきっかけとなったのは、キース・ムーン(Keith Moon)のアイデアでした。もともと二人が友人関係だったこともあり、「バーバ・オライリィ」のコーダにバイオリン・ソロを挿入するプランは、すんなり決まったようです。


arainbowincurvedair.jpg


しかし、コンサートでは、コーダ部分はバイオリンではなく、ロジャー・ダルトリー(Roger Daltrey)のハーモニカ演奏で代用されました。コンサートは盛り上がりを見せますが、正直なところ個人的には寂しい思いもありました。

それでも、2000年のロイヤル・アルバート・ホール(Royal Albert Hall of Arts and Sciences)のチャリティー・コンサートの映像を見てみると、バイオリン・ソロが再現されていて、これがちょいと興奮モノでした。

バイオリニストに選ばれたのは、ナイジェル・ケネディ(Nigel Kennedy)。彼はクラシック畑のバイオリニストで、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)やケイト・ブッシュ(Kate Bush)との共演でも知られています。


get_image.jpg


「バーバ・オライリィ」は、不思議なことに欧州の一部の国でしか、シングル・カットされませんでした。それでも認知度は非常に高く、ロンドン五輪では「See Me, Feel Me」や「My Generation」と並んでメドレー演奏され、大きな喝采を浴びたのです(2012.8.12)。

キース・ムーンもジョン・エントウィッスル(John Entwistle)も、共に故人となってしまったのが惜しまれます。けれども、彼らのロック・スピリットの健在ぶりと絶大な人気を、改めて認識させられたロンドン五輪閉会式でしたね。

Roger Daltrey – vocals
Keith Moon – drums, percussion
John Entwistle – bass, brass, vocals, piano
Pete Townshend – guitar, VCS3, organ, A.R.P. synthesiser, vocals, piano

plus;
Dave Arbus – violin
Nicky Hopkins – piano
Leslie West – lead guitar
Al Kooper – organ (alternate version)




テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

第98話 East Of Eden 『錯乱』 (Snafu) (1970) U.K.

今夜の一曲  Leaping Beauties For Rudy 「ルディの踊る美女たち」


eoe (5)


◆以下の設問に答えよ◆

問題1;ロックのバンド編成にバイオリンが導入されるようになった背景は何か?
問題2;ロック界におけるバイオリンの巨匠(マエストロ)を挙げなさい。 
問題3;ロック界において、バイオリニストであることの長所は何か?
問題4;ロック界に初めてバイオリンを導入したのは誰か?
問題5;ロック史におけるイースト・オブ・エデンの業績を評価せよ。
(各20点 計100点)


いよいよ、問題5に進みたいと思います。第88話でイースト・オブ・エデン(East Of Eden)の『世界の投影』(Mercator Projected)(1969)を取り上げ、その中で思いついたのが頭書の問1~5でした。

イースト・オブ・エデンはバイオリンをフィーチャーした初期のバンドの一つ。しかも、グループの中心人物がバイオリニストのデイヴ・アーバス(Dave Arbus)。彼の選んだ道は、専任バイオリニストではなく、マルチ・プレイヤー。それはそのまま当時のロック・バイオリニストのあり方を示しているのかもしれません。


eoe (4)


アーバスは、そのバンド・ヒストリーの初期において、いかにバイオリンをロックバンドの音に融合させるかに心を砕いてきました。それが痛い程、わかります。時流と無縁のはずもなく、ジャケ写が物語るように、天衣無縫にサイケデリアに染まってみせるなど、試行錯誤の日々だったのでしょう、きっと。

ところで、アーバスは誰をお手本に、バイオリンをフィーチャーしたバンド構想を温めたのでしょう。彼らのライブ音源から判断するに、色濃く感じるのはジャズ・バイオリン(より正確には、ジャン・リュック・ポンティ)の影響。事実、セカンド・アルバムにおいてはジャズ系の音に身をひるがえします。

彼の担当楽器は、Electric Violin, Flute, Bagpipe, Recorders, Saxophones。心情的には、どの楽器演奏に重きを置いていたのか測りかねるところですが、近年ブート・ライブや秘蔵映像が公開されていて、ついに謎も解き明かされたかに見えます。ZDFのMusikkanalの肉声の自己紹介を聞くと、はっきり「バイオリン担当、47歳」なんて言ってるし。


eoe (2)


『Snafu』リリース後の1970年、イタリアにおけるライブでも、アーバスとケインズの二管でジャズのスタンダードをオープニング(曲名が思い浮かばないがマイルスのナンバー?)に据え、「Leaping Beauties for Rudy」 に突入。『Live at Paris Olympia』(ina.fr)でも、思いっきりジャジーな展開に持ち込んでいます。

彼らのデビュー作『Mercator Projected』(世界の投影)は仕掛けも多く、音像処理もそれっぽいので、サイケ・ロックの枠でとらえられる事が多いようです。けれども、それは一面的なとらえ方かも知れません。

世評はデビュー作になびくようですが、アーバスがすぐにジャジーな路線に転向したことを思えば、彼の巧みな創意と戦略が見え隠れしますね。しかも、直後にいきなりの路線変更を企て、「JIg-A-Jig」の大ブレイク!アーバスは策士なのか、それとも意外に何も考えていなかったのか。


eoe (1)

eoe (6)


イースト・オブ・エデンのロック史における評価と言いつつ、正解があるわけではありません。時流に飲まれるかにみえながら、カメレオンのように七変化。これぞまさにカメレ音?

自身の信条に正直であり続け、しかもそれをヒットチャートに乗せる・・・売れなきゃ食っていけない、そうは言っても「世間に迎合するのはイヤだ」的なヤクザな心意気。当たるも八卦、当たらぬも八卦。こうした史実こそ、私たちが彼らに関して評価すべき事なのかもしれません。

さて、そんな彼が、あるビッグ・ネームに声をかけられます。そのアーチストとは・・・!?

eoe (8)


eoe (3)


Dave Arbus - violin, wind instruments
Geoff Britton - drums, percussion
Ron Caines - saxophones, vocals
Geoff Nicholson - guitars, vocals
Andy Sneddon - bass





テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。