スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第111話 Graham Bond 『Love Is the Law』 (1968) U.K.

今夜の一曲  Love Is the Law


gbo (2)


<グレアム・ボンドの悲劇> その2

本作は英国を離れて米国パルサー(Pulsar Records)で秘かに録音していた(んな、大げさな)二枚のアルバムのうちの、一枚目。演奏はボンドの多重録音によるもので、ドラムスにあのハル・ブレイン(Hal Blaine)! そしてバックアップ・ヴォーカルに妻ダイアン(Diane Stewart)の助力を得ている。

作詞作曲すべてボンド自らの手によるもので、サウンドはリズム&ブルース風味のあるサイケでアングラなヘヴィー・ジャズ・ロックといったところ。マルチ・レコーディングは見事だが、多重録音せねばならなかったというところがボンドの窮状を端的に現している。


gbo (1)


ボンドの経歴を振り返ってみると、グレアム・ボンド・オーガニゼーション(GBO)のサウンドは、ポップ・ファンにとってはtoo jazzy、ジャズ・ファンにとってはtoo poppy、という立ち位置からか、なかなか人気に火がつかなかった。

ボンドはドラッグに溺れ、ジョン・ハイズマン(Jon Hiseman)もディック・ヘクトール・スミス(Dick Heckstall-Smith)もGBOを去り、 ジョン・メイオール(John Mayall's Bluesbreakers)に合流し、コラシアム(Colosseum)へ。


gbo (4)


ボンドの薬物依存が泥沼化する中、彼は黒魔術に酔いしれます。ボンドは自分がアレイスター・クロウリーの生まれ変わり(息子)だと堅く信じるに至りました。

そんな不安定な時期にあっても、音楽的な活動には没頭しました。それが、彼にとっては、まさに自分を表現する唯一の手段だったのでしょう。この時期、ボンドは母国に戻り、Ginger Baker's Airforceの二枚(1970)にも参加しています。また、『Love Is the Law』(1969)や『Holy Magick』(1970)、『We Put Our Magick on You』(1971)などは、黒魔術の影響下にある作品でした。


gbo (6)


しかし、ボンドは相変わらずアルコールとドラッグまみれ。ジャック・ブルース(Jack Bruce Band)とのコラボも解消(解雇)されました。そんな折、妻のダイアンは、ボンドが義理の娘エリカ(Erica)に対して性的虐待を行っているという申し立てを裁判所に提出。ボンドの心は蝕まれ、アヘンや抗うつ剤の影響で、刑務所や精神病院を出たり入ったり。

そんな流れの中、とうとう悲劇が訪れました。1974年5月8日のことです。彼はロンドンの地下鉄ピカデリー線(Piccadilly Line)、フィンズベリー・パーク駅構内(Finsbury park)で轢死。享年37歳。


gbo (5)


彼の死は、事故なのか自殺なのか、憶測を呼びました。「この身を悪魔に捧げる」ために自殺したという説もあったし、ボンドが亡くなる直前には、悪魔払いの儀式が行われていたという説もあります。

「ボンドは悪魔によって、闇の世界に引きずり込まれたのだ。」という噂を証明するかのように、遺体の損傷は激しく、当局が身元を突き止めるのに、二日間も要しました。指紋の照合によって、悲劇の主がボンドである事が、ようやく判明したというありさま。


gbo (7)


ボンドは双極性障害(bipolar disorder)であったと言われています。かつては「躁うつ」と呼ばれていました。自殺リスクが高く、自傷も起こりやすい(※)という臨床報告もあるようです。不安障害や薬物乱用を併発するリスクも高いとされます。

※『Bipolar Disorder』Ian Anderson, Peter Haddad / BMJ (Clinical research ed.)345 (Dec 27, 2012)
※『Suicide in bipolar disorder: Risks and management.』Baldessarini RJ, Pompili M, Tondo L. / Department of Psychiatry, Harvard Medical School, Boston, MA, USA (Jun 11, 2006)

双極性障害を芸術的才能との関連で説く人もいます。ゴッホ、へミングウェイ、ベートーヴェン、トルストイ、リンカーン、ブライアン・ウィルソンetc. 。ですが、真偽のほどはわかりません。


gbo (3)


ボンドの幼少は決して恵まれたものではありませんでした。養子としての生い立ち、女性への性的倒錯。そうした心の闇を埋め合わせるために、ひたすら音楽の世界へと、のめり込んでいきました。

彼がリードしたGBOは真のイノベーターであり、ハモンドやメロトロンの使用は後進のアーチストに鮮烈なインパクトを与えました。ジョン・ロード(Jon Lord)も「ハモンド・オルガンという楽器を知りたかったら、グラハム・ボンドを聴け」と語っていましたし、ブライアン・オーガー(Brian Auger)やキース・エマーソン(Keith Emerson)も、ボンドからのアグレッシヴなプレイに多大な影響を受けたと語っています。

ジャズやブルース、ロック、ポップス、ファンクなどのアマルガム(融合)を積極的に追求して、独自の音楽を求め続けた攻めの姿勢。それは、連綿と続くロックの歴史において燦然ときらめくモニュメント。彼の功績は、決して忘れ去られる事はないでしょう。

願わくば、彼らがコマーシャルな成功を収めていれば・・・きっと何かが変わっていたはずです。




Graham Bond - Keyboards, Primary Artist, Saxophone, Vocals
Hal Blaine - Drums
Dave Sheehan - Drums, Percussion
Diane Stewar - Vocals

<第110話 Graham Bond 『Holy Magick』 (1970) へ>
<第 53話  Graham Bond Organisation  『There's A Bond Between Us』 (1965) へ>
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

第110話 Graham Bond 『Holy Magick』 (1970) U.K.

今夜の一曲  The Magician


110 (2)


<グレアム・ボンドの悲劇> その1

60年代のサウンド・イノベーターの一人として称えられるグレアム・ボンドも、「Lease On Love」のような、他愛もないラブ・ソング(これは賛辞です)を歌っているうちは幸せだったですが・・・

ボンドはその後、浮沈を繰り返し、とうとう悲惨な最期を遂げることになります。今回はそのあたりにスポットライトを当ててみようと思います。


110 (4)


ストレンジ・デイズ監修のロック・レジェンド・シリーズで、『Holy Magick』が再発された時には仰天しました。プログ・ジャズとかオルガン・ブルースとかのカテゴリーを逸脱した極私的な黒魔術アルバムだったからです。

このアルバムは、妻のダイアン・スチュワート(Diane Stewarat)とのコラボ作品。ジャケットを見ただけで、何やらスピリチュアルな感触が伝わってきます。ストーンヘンジ(Stonehenge)の遺跡で、グレアムとダイアンが祈りを捧げる姿が目に入ります。


110 (8)


ストーンヘンジというのは宗教施設であったとか埋葬場所であったとか、はたまた天体観測所であったとか、諸説紛紛。悪魔が作ったという言い伝えすらある。

『アーサー王と円卓の騎士』(King Arthur and the Knights of the Round Table)に登場する魔術師マーリン(Merlin)がこの巨大な岩をアイルランドから移動させたという伝説(※)もあるくらい、この世界遺産は謎めいています。

※『ブリタニア列王史』(Historia Regum Britanniae)ジェフリー・オブ・モンマス(Geoffrey of Monmouth)著


110 (7)


1曲目は23分にも及ぶ黒魔術の儀式を想起させるトリッピーなジャム。トリッピーの一言でわかった気になってしまうと、ボンドの思想を表層で捉えただけで終わってしまうかもしれません。もちろん、プリミティヴでブルージーなアシッド・ソウル・ジャズ・ロックと表現したとしても同じことですが(笑)。

当時多くのミュージシャンが神秘主義の思想に染まっていきました。ロバート・フリップ(Robert Fripp)のようにグルジェフ(George Ivanovich Gurdjieff)の思想に心酔した者もあれば、ボンドのようにアレイスター・クロウリー(Aleister Crowley)の思想に狂信し、自分をクロウリーの生まれ変わりだと主張する者も現れました。


110 (1)


アレイスター・クロウリーとは「大いなる獣」(the Great Beast)と称されたオカルティスト。ザ・ビートルズの『Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band』のスリーヴにも載っています。最上段、左から二番目の人物です。拡大鏡を片手に、とくとご覧ください(笑)。

※女優メイ・ウェスト(Mae West)の左、ヨガの聖者であるスリ・ユクテスワ・ギリ(Sri Yukteswar Giri)の右の人物。


110 (3)


クロウリーを信奉したミュージシャンには、ブラック・サバス(Black Sabbath)のオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)や、デヴィッド・ボウイー(David Bowie)、スティーヴン・タイラー(Steven Tyler)、盲信のあまりクロウリーの館(ネス湖にあるBoleskine House)まで購入してしまったジミー・ペイジ(Jimmy page)などがあげれられます。ペイジはクロウリーの衣服や手書き原稿、儀式用の道具まで収集したという話です。

当時のロックは、その出自から、反体制的な色合いを持つことを存在意義としていました。そうした意味では、精神的な支柱をもとめる場合、ヨーロッパ文化の基盤をなすキリスト教的な枠組みに絡め取られるのをよしとせず、異文化的な宗教思想や異端な神秘主義に吸い寄せられていったのもわかる気がします。


110 (5)


(つづく・・・)


Graham Bond - Vocals, Alto Electric, Acoustic Saxophone
Diane Stewart - Vocals, Gong
Alex Dmochowski, Rick Gretch - Bass Guitar
Jerry Salisbury - Cornet
Godfrey McLean, Keith Bailey - Drums
John Morsehead, Kevin Stacey - Guitar
Big Pete Bailey - Percussion
John Gross - Tenor Saxophone
Aliki Ashman, Annette Brox - Vocals
Victor Brox - Vocals, Electric Piano, Piano, Vocals




<第111話 Graham Bond 『Love Is the Law』 (1968)へ>
<第 53話  Graham Bond Organisation 『There's A Bond Between Us』(1965)へ>

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

第109話 Pink Floyd 『Soundtrack from the Film More』 (1969) U.K.

今夜の一曲  Cirrus Minor 「サイラス・マイナー」


109 (3)


<サイラス・マイナーと大いなる誤解>

牧歌的で、それでいて幻覚を催させるような不思議な曲。コード・シークエンスもお得意の悶絶パターンだし、深まるエコーに埋もれゆくヴォーカルや、ファルフィッサとハモンドが渦を巻いて怒濤のコーダに流れ込むパターンも反則技だよなぁ。もちろん主犯格はロジャー・ウォータースだけど、彼はいつでも確信犯だから困る。

フィーチャーされている小鳥のさえずりはHMVのSE集からの引用とのこと。オープニングは「Dawn Chorus」(夜明けの合唱)、オルガンにかぶる小鳥の鳴き声はナイチンゲール(nightingale)で、いずれも1961年のレコーディング・ソース。HMVのサウンド・ライブラリーはEMIに版権があったことから使われたようです。

映画『モア』の中では、中盤で主役のステファン(Stefan)が、マリファナやヘロインでへろへろにトリップ・アウトするシーンで流れ出す曲ですが、出番はわずか1分にも満たなかったりする。


109 (1)


謎めいた歌詞については、ちょいと謎が解けませんね。最初は、ジョージ・エリオット(George Eliot)(1819 - 1880)の『サイラス・マーナー』(Silas Marner)の借用かと思ってました。

自分が読んだのは、クレイグ・リサー(Craig W. Risser)のリトールド(Retold)版。それがまた感動的な話で、細かな機微が知りたくなり、土井治訳の日本語版を手にしました。ざっとストーリーを紹介しましょう。

ランタン・ヤード(Lantern Yard)村から流れ着いた世捨て人、サイラス・マーナー。彼は親友に裏切られ、無実の罪で殺人の疑いがかけられ、許婚(いいなずけ)とも別れて絶望の淵に追いやられます。その親友はサイラスの許婚と、何と略奪婚。サイラスは人も世も、そして神をも呪わんばかり。

そうして、流れ着いたのがラヴィロウ(Raveloe)村。サイラスはリンネル(リネン/亜麻織物)工として無心で機(はた)を織り続けます。彼の慰めは貯まりゆくピカピカのギニー金貨でした。毎晩、床の穴に隠した金貨を取り出しては積み上げ、数え上げることに快楽を見いだすサイラス。


109 (2)


ところが、その金貨が何者かに奪い取られてしまいます。傷心のサイラス。そんな折、石杭(ストーン・ピット)にあるサイラスの隠れ家に幼子(おさなご)が迷い込みます。彼の隠れ家からほど近い森の中に、母親と思われる女が、ハリエニシダに積もった雪に埋もれて、こと切れていました。

こうして、サイラスと、幼子エピー(Eppie)との生活が始まります。サイラスはエピーの世話に明け暮れながら、忘れていた「人」としての感情を取りもどしていきます。そして村人との心温まる交流も育まれていきます。

エピーは親思いの慎ましやかな女性に育ちます。幸福の日々は永遠に続くかと思われました。ところが、エピーの母親が誰なのか謎が解け、その意外なる父親の正体もわかってきました。さらに、サイラスのお金を盗んだ犯人が判明し、その衝撃的な消息も明るみに出ます。


109 (7)


そうした流れの中、事もあろうかサイラスとエピーの中を裂かんとする人物が現れ、息もつかせぬ展開となります。

さてさて、嫌疑をかけられてラヴィロウへと逃れてきたサイラス。彼は人間に対する不信感や猜疑心を忘れようとして機織りに没頭しましたが、その対価として得た金貨が、彼の心の支えとなる皮肉。

金の亡者に落ちぶれる中、エピーが現れてからは人間性を取りもどしていきます。互いに親子の愛を育むシーンは、まさにパストラルな情景が、豊かに暖かくふくらんでいきます。

ピンク・フロイド(Pink Floyd)の「サイラス・マイナー」は、そんなシーンにぴったりに思えました。


109 (5)


しかし、歌詞のOn a trip to Cirrus Minorという部分が妙に引っかかりました。ということはサイラス・マイナーとは、比喩的にせよ、そこへと足を運べる場所ということになります。

やっちまったか、と青ざめながら辞書引きしてみると、なんとCirrus Minorとは気象用語で雲のタイプの一つらしいことがわかってきました。Cirrus自体は「巻雲・絹雲(けんうん)」<すじ雲>。minorなので、直訳が許されるなら「小規模なすじ雲」ということになるでしょうか。

http://www.whatdoesthatmean.comによれば、この雲は大気圏の高層(高度11キロ程度)にあらわれ、氷の結晶から成り立ち、その形状は羽根のよう、とあります。
A type of white, wispy cloud, usually consisting of ice crystals and having an average height of 7 miles, seen in tufts or feathery–shaped bands across the sky.


109 (4)


気象学的には、この雲は低気圧や台風が近づいてくると真っ先にあらわれるそうですが、すぐに悪天に移行するわけではないし、しばらく晴天が続くこともあるそうです。

One a trip to Cirrus Minor / Saw a crater in the Sun / A thousand miles of moonlight later
というわけで、大気圏を突き抜け、太陽のクレーターまで観察しちゃったわけですから、宇宙飛行士の油井亀美也さんもびっくりですw(゚0゚*)w

どうやら、この曲とジョージ・エリオットとの関係はなさそうに感じました。まぁ、でもこれをきっかけにきちんと岩波文庫本に触れることができたので、大きな収穫だったかもです。いい話ですよ、超感動的な。


109 (6)


でもエリオットさん、1を伝えるのに10は思い入れたっぷりに語る人ですね。ま、それが魅力なんでしょうが、物語が大きく展開(転回)するのは終盤近くになってからですし、序盤~中盤は忍耐強さが必要かと。

この小説、日本ではほとんど知名度もないだろうとタカを括ってたら、なんと・・・!友人の女性(KMさん)は某女子大の英文学の授業で「サイラス・マーナー」を読んでレポート書いたらしい。何とかハラ(ハラスメント)とか非難受けそうですけど、さすが名にし負うお嬢さま校。良家の子女に読ませる文学作品としてマストってわけでしょうか。

ということで無理矢理、一件落着。おあとがよろしいようで。




David Gilmour — acoustic guitar, double tracked vocals
Richard Wright — Hammond and Farfisa organ
Roger Waters — writer, birdsong effects

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。