スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第121話 Herbie Hancock 『Speak Like a Child』(1968)

今夜の一曲  Speak Like a Child


hh (5)


七歳の時にたった五ドルで買い与えられた、教会のおさがりのおんぼろピアノ。その少年が後に、ジャズ界を革新に導く先導者の一人になろうと、一体誰が想像できたでしょう。

マイルスのコンボでめきめき実力をつけたHerbert Jeffrey Hancockこと、ハービー・ハンコック。彼が1968年にリリースしたアコースティック・ジャズの傑作が『Speak Like A Child』です。

『Maiden Voyage(処女航海)』(1965)から三年。ハービーが『Speak Like a Child(スピーク・ライク・ア・チャイルド)』で試みたのは、今でこそオーソドックスな手法ながら、当時は意外性のかたまりでした。


hh (4)


メンバーはRon Carter(b)、Micky Roker(ds)に加えてThad Jones(Flh)、Peter Phillips(b-tb)、Jerry Dodgion(a-fl)の三管。ピアノ・トリオにスリー・ピースのホーン・セクションといえば、通常はtb, sax, tpあたりでしょう。それが、どういう訳か、聞いたことのない編成ですよね。

この構成こそ、まさに意図的とみるべきでしょう。そのソフトなトーンのホーン・セクションが、ハンコックのピアノに寄り添うようなアンサンブルを見せる。それを支えるリズム・セクションの躍動。驚くのは、三管フロントのインタープレイがないんです。アドリブ合戦にもつれ込まず、ソロパートの奪い合いにもならない。

あのサド・ジョーンズ(Thad Jones)が、よくぞこのパフォーマンス・ポジションを承諾したものだと思う。バンド・メンバー全員が同じ哲学を持っていないと、このセッションは破綻しかねなかった。どこまでも透明感のあるハンコックのピアノ、それを引き立てる叙情味あふれる緻密なアンサンブル。


hh (2)


この斬新なバンド・サウンドの構想を、ハンコックはどこから得たのか。もともとクラシックの素養のあった彼は、コンチェルト・フォーマットにヒントを得たのか、或いは、もっと直接的にマイルス・デイヴィス(Miles Davis)とコラボレートすることの多かったギル・エヴァンス(Gil Evans)の薫陶を得たのか・・・?

子供時代のいろんな思い出の断片が浮かんでは消えていく・・・そんなノスタルジックで謎めいた空気もある。この時期のアメリカ社会は激しく動揺していた。混迷激動の時代を見すえながらも、無垢な少年時代を内省的に振り返る・・・そんなハンコックのコンセプトがじんわり伝わってきます。

このあたり、同じくマイルス門下生のチック・コリア(Chick Corea)やキース・ジャレット(Keith Jarrett)とは異なる志向性を感じます。加えて、「ライオット」(Riot)や「ソーサラー」(Sorcerer)など、前年にマイルスとセッションした音源と比べても、手触り感が全く違って面白いですね。


hh (3)

マイルスとのコラボではクールなテンションがひたすらカッコよかった。ここではハンコックは音の一つ一つの色彩感を大切にした印象派的な音作りに徹します。本作でハンコックのとったアプローチは結構、計算づくだったのかな。こういう編成でこういうヴォイシングで迫れば、こういうムードになる・・・とわかった上での確信犯。

ドラムスからトニー・ウィリアムス(Tony Williams)をハズして、ブルー・ノートのお抱えドラマーのミッキー・ローカー(Mickey Roker)を起用したのもアルバム・トータルのイメージを考えての事でしょう。標題曲は、ちょっとボッサ入れてみました的な遊び感覚もあって飽きさせません。

ロマンチックなシルエット・ジャケの写真モデルの正体はご存知でしょうか。これはハンコックと、当時、彼の婚約者だったGudrun (Gigi) Meixnerとのことです。この夢見心地のジャケットが、本作を名盤の地位に高めるのに一躍買ったのは間違いないでしょう。


hh (1)


発売からまもなく半世紀。一向に色あせないみずみずしさ。私にとって、ハービー・ハンコックのカタログの中で、もっともよくひっぱり出すアルバムだということを告白しておかなきゃ(笑)。


Herbie Hancock — piano
Ron Carter — bass
Mickey Roker — drums
Jerry Dodgion — alto flute
Thad Jones — flugelhorn
Peter Phillips — bass trombone




スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

第120話 New Trolls 『FS』 (エッフェ・エッセ) (1981)

今夜の一曲  Il Treno


ntnt (3)


さて、おいしいワインを求めて遠路はるばるイタリアまで来てしまいました。まずは鉄道に乗ってワインさがしの旅ですよ。わ~い!

掃除していたら、キングのヨーロピアン・ロック・コレクションVIIのラインナップを告げるリーフレットが出てきました。そこには、「遂に、あの幻のレーベルMagma/Grogを獲得!」と書いてあります。

その裏表紙の片隅に告知されていたのが、ニュー・トロルス(New Trolls)の1981年作、『FS』(エッフェ・エッセ)でした。そのキャッチ・コピーは「このアルバムは間違いなく、次なる「コンチェルト・グロッソ N.3」(Concerto Grosso n゚3 )への荘厳なるプロローグだ!!」と書かれています。


ntnt (2)


続いて、こうあります。「古巣フォニット・チェトラ(Fonit Cetra)に復帰したニュー・トロルス、長く暗いトンネルを抜けたN・Tの新しい旅が始まった・・・N・Tにとってこの久々のコンセプト・アルバムは、最近のイタリア国内のシングル指向に対する強烈なアジテーションだ!!」

「長く暗いトンネル」という表現、今振り返ってみると笑えます。ライターさんに他意はないにせよ、「1976年以来、君たちは一体、何してたんだね?」ってことでしょうか。確かに、その時期の彼らの音をプログレと評するには非常に勇気がいります。

ですが、いかに身びいきとなじられようが、私はニュー・トロルスが何やらかしても受け入れる広い心の持ち主なのです(笑)。もともと彼らは時代に合わせて、どんなサウンドでもモノにする器用さとセンスの良さを備えていました。


ntnt (1)


えへん!彼らの手にかかれば、イタリアン・ディスコだろうがイタリアン・レゲエだろうがお手のもの。完ぺきに自分流に仕上げてしまいます。

だから、『アルデバラン』(Aldebaran)(1978)も『ニュー・トロルス』(New Trolls)(1979)も本作リリースの翌年に発売された『アメリカOK』(America OK)(1982)も嫌いじゃない。ポップな曲をやらせたらピカイチ。クイーン(Queen)のカヴァーなんてやらせたら本家に肩並べる勢いですぜ。

このあたりのアルバムのプロデュースは、ジャンフランコ・ロンバルディ師匠(Gianfranco Lombardi)です。音を知り尽くしたロンバルディがアレンジやオーケストレーション、プロデュースに名前を連ねていれば、それだけで安心材料とも言えます。プログレ好きにはクラウディオ・ロッキ(Claudio Rocchi)の『Volo Magico N.1』のコーラスにもクレジットがある、とだけ付け加えておきましょう。


ntnt (4)


しかし、『FS』(エッフェ・エッセ)は単なるメロディック・ポップとは思えない壮大なテーマを掲げたアルバム。FSとはFerrovie dello Stato(国有鉄道)のこと。列車に乗降する人々の人間模様を描きながら「人生」に思いを馳せたコンセプト・アルバムです。

1981年にコンセプト・アルバムもクソもなかろう、と言う人もいるでしょう。しかし、彼らは『アルデバラン』や『ニュー・トロルス』を経て、ようやく原点に回帰したと言うべきでしょう。60年代から活動している化石バンドゆえのあの時代へのノスタルジアを、高い次元で昇華したような崇高さすら感じます。

これってある種の開き直りかもしれません。普通の感覚なら気恥ずかしくて出来ないことなのに、何かが彼らを駆り立てたのです。序章の汽笛のSEから重戦車のようなパワー・ポップ・サウンドが炸裂。冒頭からニュー・トロルスの健在ぶりを伝えます。


ntnt (5)


サビメロに続くギターとシンセの分厚いレイヤーのテーマがグース・バンプ!Vittorio De Scalzi(Key, Vo)、Nico Di Palo(G, B)、Ricky Belloni(G, B)、Gianni Belleno(Ds)の鉄壁のラインアップですぜ、旦那。

彼らは本作をもってワーナー(Warner Bros.)を離れ、フォニット・チェトラに復帰したのですが、これが吉と出たのか凶と出たのか。チェトラはトロルスのやりたいことを認めてくれたのかもしれません。それに、当時チェトラの経営も悪化していたわけではありませんし。

プロダクションの積極的なサポート体制はどうだったのでしょう。ここでもっと強力なプッシュがあったならば、もっと別の展開があったような気もしますが、ワーナーにいても同じ結果だったのかもしれません。


ntnt (6)


当初、アルバム・タイトルはオープニング曲の「Il Treno (Tigre - E 633 - 1979)」になる予定だったそうです。ですが、最終的には『FS』(エッフェ・エッセ)としてリリースされました。

曲名の後のかっこ内が気になりますね。電気機関車のE633系は、愛称がティグレ(タイガー)で、1979年に導入されたFS最新鋭の車種でした。ただ、プログラム上の設計ミスがあり、エンジンを改良。1983年になってようやく正式に北部イタリアで運用されたようです。

ですから、「ティグレ」は電気機関車であって、蒸気機関車ではありません・・・ってことは、ネット上に存在する圧巻のライブ映像も、スモークを使った演出はダメダメですよね(笑)。ま、何でもいいか、盛り上がれば(笑)


ntnt (7)

本作には滅茶滅茶ポップな曲もありますが、ニュー・トロールスの演奏であれば、出されたのがエスプレッソだろうが、甘いシロップをたっぷり入れたカフェ・ラテだろうが、喜んで飲み干しますよ。恋は盲目といいます。わしのような筋金入りのファンを甘くみていけません。

結局、『Concerto Grosso n゚3』が完成したのは、『FS』(エッフェ・エッセ)から31年後の2013年のことでした・・・

ところで、あれ? ワインとはまったく無関係な話でしたね。こりゃまた失礼!


Vittorio De Scalzi - Keyboards
Nico Di Palo - Guitar, Bass
Ricky Belloni - Guitar, Bass
Gianni Belleno - Drums




テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。