スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第124話 The Byrds 『Fifth Dimention』 (霧の五次元) (1966) U.S.

今夜の一曲  Eight Miles High 「霧の8マイル」


emh (4)


デビッド・ヘミングス(David Hemmings)の『Happens』を支えたマッギン=ヒルマンを擁する本家ザ・バーズ(The Byrds)の、サイケ・ロックの先駆けともされる「エイト・マイルズ・ハイ」。1966年3月14日の先行シングル・リリースを受け、彼らのサード・アルバム『霧の五次元』(Fifth Dimension)(1966年7月)に収録された。

The Byrdsは、1st『ミスター・タンブリンマン』(Mr. Tambourine Man)(1965)や2nd『ターン・ターン・ターン』(Turn! Turn! Turn!)(1965)のフォーク・ロックの枠から飛び出していく。彼らの進撃を予見するような挨拶状がわりの一発がこれだ。

クリス・ヒルマン(Chris Hillman)のベースにデビッド・クロスビー(David Crosby)のリズム・ギターが加わり、ロジャー・マッギン(Roger McGuinn)の12弦リードが入った瞬間、リスナーはすでに異空間に迷い込む。


emh (3)


テリー・メルチャー(Terry Melcher)のプロデュースを外れて心労も多かったはずだが、楽曲のクオリティーは高い。クロスビーがツアー・バスに持ち込んだラヴィ・シャンカール(Ravi Shankar)のラーガと、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)のフリー・ジャズ。それを聴いたジーン・クラーク(Gene Clark)が構想を得た「霧の8マイル」(Eight Miles High)。

※コルトレーンの『インプレッションズ』(Impressions)(1963)の「India」が直接のインスピレーションの源泉だった。


51KA7OW8mEL.jpg


異種のジャンルを貪欲に吸収していくミュータントとしてのロックの面目躍如と言えるだろう。作曲のクレジットはクラーク、マッギン、クロスビーの連名。だが、クラーク没後に各自の貢献度に関してマッギン=クロスビーの新たな証言があり、それをめぐって諸説入り乱れたものの、基本的にはクラークの作品とされている。

このサウンド・レイヤーはフィル・スペクター(Phil Spector)の影響もありそうだが、コルトレーンのサックスのブロウを12弦のリッケンバッカーに置き換えて解釈したギター・ソロや、ラーガ風のドローンをイメージしたようなヴォーカルを含めたトータル・アンサンブルが特徴的。

けれども、この曲はビルボード・シングル・ヒット・チャートで最高14位止まり。おまけに、ドラッグ・ソングのレッテルを貼られて放送禁止処分に甘んじる。それがたたって、チャート・アクションが鈍かったという見方もあるが、基本的には曲の複雑な構造が災いした。当時は、2分半を越える曲は徹底的にラジオ局に敬遠されたし、プロダクション側も積極的なプロモーションには及び腰だった。


emh (2)


「ミスター・タンブリンマン」(Mr. Tambourine Man)や「ターン・ターン・ターン」(Turn! Turn! Turn!)が全米No.1だったことを思うと、人気に陰りともとれる。しかし、この曲のトリップ感・浮遊感・昂揚感は異彩を放っている。

作詞・作曲の核となったのはバンドのソング・ライティングの要、ジーン・クラーク。だが、彼はグループ内での孤立感を抱えていたし、心の問題や飛行機での移動が苦痛だったため、この後すぐバンドを離れてしまう。

クラーク脱退の結果、他のメンバーの才能が開花するという福音がもたらされる。加えて、バンドの音はこれまでのフォーク・ロック路線(ビートルズ+ディラン)÷2から、より実験的なサウンドを志向することになる。ただ、クラーク時代に恵まれたチャート・ヒット路線からはこれ以降、疎遠になってしまったのも事実だ。


emh (7)


ヴィレッジ・ボイス(Village Voice)誌は、「霧の8マイル」に「世界で初めてのラーガ・ロック」の称号を与えた。シングルのプロモーションにおいても、ロジャー・マッギンはインタビューにシタールを持ち込んでアピールしています。

しかし、実はレコーディングにシタールは使われていません。シタールを使わずに、ラーガの雰囲気を持ち込んだわけですが、なんのこっちゃですかね。


emh (5)


ここで、よい子はちょっと疑問を解決しておきましょう。この曲は初のラーガ・ロックのタイトルを授与されたと書きましたが、腑に落ちない思いをした方もいたのではありませんか?というのも、すでにThe Beatlesのジョージ・ハリソン(George Harrison)が「ノルウェイの森」(Norwegian Wood)でシタールを導入してますよね。『ラバー・ソウル』(Rubber Soul)のリリースは1965年12月3日でした。

それに対してThe Byrdsの「霧の8マイル」は1966年3月のリリースです。ということは、The ByrdsはThe Beatlesの後塵を拝したということでしょうか。

実は、ここに興味深い事実があります。1966年3月リリースのシングルは、実はコロンビア・スタジオ(Columbia Records)で録音された再録音であり、オリジナル・レコーディングはL.A.のRCAスタジオで1965年12月22日に行われています。ですから、なかなか面白いタイミングですよね。


emh (1)


ミュージシャン同士が互いに影響を及ぼし合うのは茶飯事でしょう。The BeatlesはThe Byrdsにインスパイアされて「If I Needed Someone」を書いていますし、The ByrdsはThe Beatlesの「Eight Days A Week」(1964年12月)にヒントを得て「Eight Miles High」のタイトルを最終的に決めたと言うエピソードさえある。

一世を風靡したラーガ・ロック。影響を受けたアーチストは星の数。ザ・ビートルズ、ドアーズ、ザ・ローリング・ストーンズ、サイモン&ガーファンクル、ザ・キンクス、トラフィック、ザ・ヤードバーズ、ドノヴァン、ジェファーソン・エアプレイン、クインテサンス、レッド・ツェッペリン、ザ・ムーディ・ブルース・・・。

西洋音楽と異なる、うねるような独特の時間感覚が、サマー・オブ・ラブ(Summer of Love)を掲げるミュージシャンの心を捉えたのでしょうか。


emh (6)


Jim (Roger) McGuinn - lead guitar, vocals
David Crosby - rhythm guitar, vocals
Chris Hillman - electric bass, vocals
Michael Clarke - drums
Gene Clark - vocals, tambourine, harmonica
+
Van Dyke Parks - organ
Allen Stanton - string section arrangement







スポンサーサイト

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

第123話 David Hemmings 『Happens』 (1967)

今夜の一曲  Anathea


dh (2)


このアルバムの存在を初めて知った時には、さすがにぶっ飛んだ。デビッド・ヘミングス。この男はミケランジェロ・アントニオーニ(Michelangelo Antonioni)監督の『欲望』(Blow-Up)(1966)に主演した俳優だったからだ。

この曲、思いっきりサイケでラーガでヨレている。アルバム自体も商品価値ゼロなのか値千金なのか、判断に悩む異端の一発。一切の評価を拒否する勢いとはこのこと。これ、売れたのか?いや、こんなの売れるはずないじゃん!彼に歌の素養はあったのか?バックの演奏は一体何者?シタール弾きはどこのどいつ?英国人の彼がどうして米国でレコーディング?しかもMGMとは?

う~ん、本人の素性がわかってさえ、謎にまみれたアルバム筆頭だ。事実、歴史に埋もれた本作が脚光を浴びたのは、ヘミングスがこの世を去った2003年になってからのことだった。

いきなり歌手デビューだなんて、一体どんな成り行きだろう。なんて言うか、一介の映画俳優が、こういうアルバムをさらっと作っちゃうというのが文字通りミステリアスな時代ですね~。

それにしてもだ、『欲望』のあの碧眼の美青年が、このジャケではおっさん顔だ。どうしちゃったの? え? いらんおせっかいか。


dh (4)


『欲望』が1966年、本作『Happens』が1967年。二つを結ぶ糸は何?その謎を解く鍵はアルバムがMGM Records からリリースされた事ですね。『欲望』はMetro-Goldwyn-Mayer配給なので、発売がその系列のMGM Recordsという訳だろう。

ヘミングスは俳優として世に出る前にはオペラを歌っていた経歴があった。彼の歌に対する憧れと、映画のプロダクション側からオファーの商業的な利害とが、磁石のように引き合った結果がこれなのか。

MGMはアルバムのプロダクションをジム・ディクソン(Jim Dickson)に依頼した。ジム・ディクソンって、あんた誰なのさ。実は何を隠そう、いや隠しはしないが、ザ・バーズ(The Byrds)のマネージャー氏であった。

てなわけでディクソンが呼び寄せたのが、ロジャー・マッギン(Roger McGuinn)とクリス・ヒルマン(Chris Hillman)というわけさ。当時、薬づけの彼らですからね、出てくる音は織り込み済みというわけ。

マッギンとヒルマンは映画『サンタモニカの週末』(Don't Make Waves)(1967)のオープニング・クレジットに流されるメイン・タイトルの「Don't Make Waves」のレコーディングでスタジオを訪れていた。そんな彼らにディクソンが声をかけたわけだ。


dh (3)


ちなみに『サンタモニカの週末』にはトニー・カーティス(Tony Curtis)、クラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale)、シャロン・テイト(Sharon Tate)らが共演するロマンチック・コメディ(ラヴコメ?)。

こうして、ハリウッドでレコーディング・セッションが始まった。The Byrdsの演奏とこのバッキングは趣が違う・・・と思います? いいえ、確かにデビュー当時のディラン・ソングを引用したような『ミスター・タンブリンマン』(Mr. Tambourine Man)(1965)や『ターン・ターン・ターン』(Turn! Turn! Turn!)(1965)の大ヒットとは実際ベクトルは違うかもしれません。

サード・アルバムの『霧の五次元』(Fifth Dimension)(1966)まではフォーク・ロックの先駆者としてのイメージが強いかも。でも、それ以降、The Byrdsは大化けする。サイケデリック・ロックの波をモロ受けたばかりでなく、ラーガ・ロックやスペース・ロック期を経て、陰の大番長グラム・パーソンズ(Gram Parsons)の加入によって、カントリー・ロック大会へと大きく舵を切っていく。

The Byrdsのコアなファンは、大ヒットとは無縁になってからのチャレンジあってこそ、彼らに心惹かれるのではないだろうか。ちょっと整理してみると、The Byrdsの『昨日よりも若く』(Younger Than Yesterday)が1967年2月。『名うてのバード兄弟』(The Notorious Byrd Brothers)が1968年1月。

・・・ってことは、ヘミングスの『Happens』が67年9月なので、二作の丁度中間にリリースされたアルバムです。そう考えると、『Happens』におけるマッギンとヒルマンの演奏スタイルには、無茶苦茶合点がいきますよね。


dont_make_waves_1967_ver2.jpg


つまり、当時、The Byrdsはフォーク・ロックの壁を打ち破ろうとしていた。ラーガ的な要素はまさにマッギンとヒルマンが持ち込んだのでしょう。ヘミングスもあの映画を地で行くようなサブカル男だったから、音を出す前からああいった帰結になるのは目に見えていた。

ま、そんなわけでサイケ・ラーガ、一丁上がりってな具合でしょうか。マッギンやヒルマンもドラッギーなお騒がせ男でしたし、『欲望』のシナリオも薬にまみれていたから、このアシッドなアルバムは皮肉にも予定調和だったわけです。スタジオの中はきっと、煙でもうもうとしてたことでしょう。

本曲のAnatheaはB1。ちなみにA1のBack Street MirrorはThe Byrdsを脱退したジーン・クラーク(Gene Clark)の未発曲のヴォーカルをヘミングスに差し替えたもので、アレンジはレオン・ラッセル(Leon Russell)という嬉しいプレゼント付き。

ヘミングスは翌年、あの『バーバレラ』(Barbarella)(1968)にも出演しているので、ジェーン・フォンダ(Jane Fonda)だけでなく、ヘミングスのご尊顔を是非とも探してみて下さいませ。

マッギンの12弦ギターもシタールも聞き所のアルバム。秀逸にして至高の駄作! それにしても、この商品として成立しないような、うさん臭くもうっとりするような作品を世に問う時代というのは、一体、何なんでしょうね。これぞ、永遠の謎なのだ。


dh (7)


David Hemmings - Vocals
Chris Hillman - Bass
Roger McGuinn - Guitar
Nick Robbins - Synthesizer




テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

第122話 Herbie Hancock / The Yardbirds 『Blow Up』 (欲望)(1966)

今夜の一曲  Main Title from Blow Up


blowup (3)


ミケランジェロ・アントニオーニ(Michelangelo Antonioni)と言えば『赤い砂漠』(1964)とか『砂丘』(1970)?それとも『欲望』(1966)? 不条理映画の筆頭にも挙げられるその『欲望』のサントラを、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)が担当した事はご存知でしょうか。

『砂丘』ではアメリカの破天荒なヒッピー社会を描き出し、ピンク・フロイド(Pink Floyd)やグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の持ち歌がサントラに導入されました。

一方、英・伊合作の『欲望』のオリジナル・サウンド・トラック(OST)にはハンコックは勿論、ジャズ界のVIP陣を配したコンボの摩訶不思議な演奏が収められています。それ以外にも驚きの収録曲があるのですが、この点は後に触れてみましょう。


blowup (7)

この作品は、まさにモッズたちとドラッグとファッションのカルト映画。それにも関わらず、いや、それだからこそ、本映画はカンヌ国際映画祭のパルム・ドール(Palme d'Or)に選定されています。

パルム受賞作品と言えば『タクシー・ドライバー』(Taxi Driver)、『甘い生活』(La Dolce Vita)、『男と女』(Un homme et une femme)、『地獄の黙示録』(Apocalypse Now)など、実にそうそうたる作品が受賞の栄誉に預かってきました。

ネット上に予告編のクリップがあります。まさにシュールで難解な不条理映画そのもの。これは当時の世の中が現実と幻想とが「ない交ぜ」になっているというよりも、アントニオーニ自身が独自の世界観をドラッグの陶酔感と悪夢そのものに、映画というフォーマットに仕立て上げたと言うべきか。




その典型が、車で乗りつけた真っ白なフェイス・ペインティングのモッズ集団が、テニスのパントマイムに興じるシーンでしょう。主人公のカメラマン、トーマス(Thomas)もいつしか幻想の世界に迷い込んでいく・・・

トーマスのモデルは実在のファッション・カメラマンで、彼を巡るサスペンス・ストーリーは一切の謎解きを拒否する筋立て。登場するモデルは当時上り調子のフェルシュカ(Veruschka)ですよ。おまけにジェーン・バーキン(Jane Birkin)までちょい役しちゃっているので、ファンの皆さまはスクリーンに釘付けですね。

おっと、忘れてはいけません。この映画の最大の見所の一つが、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)とジェフ・ベック(Jeff Beck)がツイン・リードを取るヤードバーズ(The Yardbirds)のライブ・シーン。曲は「Stroll On」ですね。え?「Stroll On」って何かって?


blowup (2)


元歌は「Train Kept A-Rolling」ですよ。収録にあたり、この曲の権利会社から多額の使用料を請求されたため、替え歌にしてライブ収録したのだとか。ペイジとベックのツイン・ギターが何故レアなのかと言うと、それは、本来の編成では、ペイジはベース担当だったからです。ベックが脱退して初めて、ペイジはギターに持ち替えたんです。

というわけで、このライブ映像はレアなわけですね。当初、出演を依頼されていたのはザ・フー(The Who)でした。しかし、「ギターを壊してくれ」というプロダクションからの要求に対して条件が折り合わず、ピート・タウンゼント(Pete Townshend)に拒否られた結果、ヤードバーズが大抜擢。

しかし、ベックはギターを壊し慣れてないせいか、タウンゼントのような迫力には欠けますね(笑)。いや、衝撃的なのはその後の展開。でも、わかる気がする。人間、欲しかったおもちゃを手に入れれば、次のおもちゃが欲しくなるものです。目的を達する迄の過程にこそ価値がある・・・

あ、何のことを言ってるのかと言うと、これですね。3分45秒のシーンです。




ハンコックとヤードバーズのオリジナル曲以外に映画で用いられたのは、ラヴィン・スプーンフル(The Lovin' Spoonful)のカバーが二曲、そしてトゥモロウ(Tomorrow)の曲が二曲です。

トゥモロウと言えば、スティーブ・ハウ(Steve Howe)がイエス以前に在籍していたグループとして知られています。プロデュースは何と『A Teenage Opera』のマーク・ワーツ(Mark Wirtz)先生。トゥインク(Twink)やキース・ウェスト(Keith West)もメンバーに名を連ねていたよなぁ。

全編スウィンギング・ロンドン(Swinging London)の強烈な匂いを閉じ込めたカルト映画ですが、まぁ、こんな街には絶対に住みたくない。でも、妙に安心してこの映画を鑑賞できるのは、映画上のロンドンが実際のロンドンとは異なる、実体のない架空の都市として描かれているからでしょう。


blowup (6)


ある意味、バットマン(Batman)の「ゴッサム・シティ」(Gotham City)や、マッド・マックス(Mad Max)の「バーター・タウン」(Barter Town)みたいなフィクション上の創造物に思えるからでしょうか。

さて、この映画はMGM配給なので、ハンコックのOSTもブルーノート(Blue Note Records)ではなく、MGM Recordsから発売されました。ハンコックはそれまで、フィルム・スコアを書いた経験はありません。しかし、アントニオーニがジャズ好きだったこともあり、ハンコックに白羽の矢が飛んできたのです(笑)。

時期的にはハンコックがマイルスとのコンボで活動していた頃ですが、ソロ作でざっくりくくると、『処女航海』(1965)と『スピーク・ライク・ア・チャイルド』(1968)の間にあたります。

彼は最初、ロケ地の英国ミュージシャンを使って曲を録音します。しかし、その出来映えに満足できず、本国のアメリカに戻ってからニューヨークで録音し直しています。その結果、集まったミュージシャンが、名うてのスター・プレイヤー達ばかり。


blowup (1)


『処女航海』で一緒だったフレディ・ハバードやロン・カーター。フィル・ウッズ、ジャック・ディジョネット、ジム・ホール、ジョン・ヘンダーソン、ジョー・ニューマン。

ハンコックはピアノ、スコア、アレンジ、コンダクターにクレジットされています。ジミー・スミス(org)のクレジットが思いっきり気になりますが、このオルガンは、セッション時にスタジオに居合わせたポール・グリフィン(Paul Griffin)とも言われています。まったくご機嫌なグルーヴを聴かせてくれますね。目尻が下がります。

幻想と現実とが錯綜するサブカル・フィルムながら、予告編のエンド・タイトルを見ると、ニューヨーカーやタイム誌、ニューズウィーク誌、ライフ誌等で「ベスト・ピクチャー・オブ・ザ・イヤー」のタイトルを授かったようです。


blowup (4)

大切なことを書き忘れていました。『欲望』の原題は『Blow-Up』。公園で逢瀬を楽しむ二人を撮った写真に写った死体を「拡大(Blow-Up)」するシナリオにちなんでいます。

メイン・キャラの二人のクレジットを紹介しないといけません。ジェーンがヴァネッサ・レッドグレーヴ(Vanessa Redgrave)。『オリエント急行殺人事件』(1974)や『ジュリア』(1977)で知られる名女優。

そしてカメラマンのトーマスがデヴィッド・ヘミングス(David Hemmings)でした。『バーバレラ』(1968)や『プロフォンド・ロッソ』(1975)などなど。『時計じかけのオレンジ』のアレックス(Alex)役の最有力候補の1人でもありました。

と言うわけで、次回の音楽夜話は・・・




Herbie Hancock: piano, melodica
Freddie Hubbard: trumpet
Joe Newman: trumpet
Phil Woods: alto sax
Joe Henderson: tenor sax
Jimmy Smith: organ
possibly Paul Griffin: organ
Jim Hall: guitar
Ron Carter: bass
Jack DeJohnette: drums

Except track 7 performed by the Yardbirds
Jeff Beck: guitar
Jimmy Page: guitar
Keith Relf: harmonica, vocals
Jim McCarty: drums
Chris Dreja: bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。