第135話  Schizo 『Schizo!』 (1972)

今夜の一曲  Schizo (And The Little Girl)


schizo (1)


ユリュス/ディジュンクタ(Urus / Disjuncta)のカタログ界隈を眺めてみると、スキゾー(Schizo)とかね、これがまた、入手困難でオリジナルは一度も見たことがなかった。これがまた、リシャール・ピナス(Richard Pinhas)絡みのレア盤ときた。

このセルフ・プロデュースの7"シングル『Schizo (And The Little Girl) / Paraphrénia Praecox』はスキゾーの一年限りの活動を留めた貴重な記録となり、フレンチ・アンダーグラウンド・シーンに一石を投じました。

この作品は、オウン・レーベルであるSFP (Société Française de Productions Phonographiques)における唯一作となっています。


schizo (2)


実はスキゾーにはセカンド・シングルがあり、これはピナスがSFPに次いで始動させたディジュンクタからのセルフ・リリース。『Le Voyageur / Torcol 』がそれですが、何と無料配布されたという情報もあります。

ピナスは高校時代、後にマグマに加入するクラウス・ブラスキ(Klaus Blasquiz)と共にブルース・コンヴェンション(Blues Convention)で活動したと言われています。スキゾーを始動させた時、彼はソルボンヌ大学(パリ第八大学?)で哲学を専攻する学生でした。

彼は、フランスを代表する哲学者ジャン・フランソワ・リオタール(Jean-François Lyotard)の指導のもと、『精神分析と空想科学小説』( Le rapport entre la schizoanalyse et la science-fiction )の論文を書き上げてPh.Dを取得しています。


schizo (5)


また、セカンドの「Le Voyageur」には、哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)のテキストが、ピナスの敬愛する哲学者のジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze)によって、おどろおどろしいモノローグで収録されています。

参加メンバーはそのままエルドンのファースト・アルバム『Electronique Guerilla』に吸収されていきました。

1974年にファースト『Electronique Guerilla』をリリースしたエルドンですが、そのバンド名は米国のSFP作家ノーマン・スピンラッド(Norman Spinrad)の書いた小説『鉄の夢』(The Iron Dream)の中のディストピア(!)である架空の都市、ヘルドンから取られました。


schizo (6)


この作品中では、壮絶な核戦争が吹き荒れたのち、放射能に汚染された地球が、ミュータントの支配する地獄と化しています。かろうじて生き残った人類は、奇跡的に汚染をまぬがれた土地にヘルドン大共和国を樹立していましたが、ここにも、ミュータントの魔手が迫りつつありました。

そして今、風前の灯のヘルドンを救うべく、一人の男(フェリック・ジャガー)が立ち上がる・・・という筋立て。それにしても、ヒットラーがSF作家として登場するという奇想天外なプロットには驚かされます。

この作品はアメリカのみならず、フランスで絶大な支持を受けています。そして、ピナス自身も1973年にロサンゼルスで、自らスピンラッドに会っているのです。


schizo (7)


ところで、このピナスのヘヴィ・サイケでアヴァン・エレクトロニクスな初期メガレア作、前世紀のうちに再発されるだろうと期待していましたが、これがどうしてなかなか。

2005年にはドイツの Red Lounge Records ‎(RLR 006)からようやくファースト・シングルに加えてセカンドから「Le Voyageur」を加えた7"がリリースされていました。(Vinyl, 7", 45 RPM, Single)

私が初めて音の全貌に触れたのはキャプテン・トリップ様の紙ジャケ・シリーズ『Single Collection 1972-1980』CTCD-560.(2006)でした。頭の4曲がそのままSchizoのファースト&セカンド収録の4曲だったのです。

その後、2009年になって、スペインのWah Wah Recordsが、限定500でエルドンの『Electronique Guerilla』と抱き合わせでVinyl, 7", 33 ⅓ RPM, EP, のフォーマットでリイッシューしました。


schizo (4)


パリのレコード店がリリースしたSouffle Continu Records(FFL001 )(2014) の「Le Voyageur / Torcol」が最新のカタログというところでしょうか。first out of a reissue series of three groundbreaking 7inch EP by RICHARD PINHAS / SCHIZO / HELDONなんて書かれていますから、ちびってしまいますね。限定700枚のクリア・ヴァイナル(limited run of 700 pressed on clear vinyl 45 rpm)です。ちなみにお値段は€8.50

フリップ&イーノ(Robert Fripp and Brian Eno)の『No Pussyfooting』(1973)、キング・クリムゾン(King Crimson)の『Larks' Tongues in Aspic』(1973)、『Red』(1974)、フィリップ・グラス(Philip Glass)のミニマル・ミュージックの影響下に、独自の美学と哲学を貫こうと1974年から1979年を駆け抜け、7枚のアルバムを残したピナスのエルドン。

彼のルーツを見る思いでSchizoを聞き直してみるのもいいかもしれません。ネット・サイトのトカフィ(tokafi)には「ピナスへの15の質問」(15 Questions to Richard Pinhas)というページがあります。そこでピナスはこんなことを言っています。「なんだかんだ言っても、僕のやっているのはロックなんだ。ワグナーだってロックの歴史の一部なんだからさ。」(In any case, I feel as though I belong to Rock and Roll music... But then again, for me, even Wagner is a part of Rock n Roll history.)

むむむ・・・





1st Sigle『Schizo (And The Little Girl) / Paraphrénia Praecox』
Electric Guitar – Richard Pinhas
Voice – Pierre Roussel
Composed By – Pierre Roussel, Richard Pinhas


2nd Single『Le Voyageur / Torcol 』
Guitar, Synthesizer [VCS 3] – Richard Pinhas
Bass – Pierrot Roussel
Percussion – Coco Roussel
Piano, Synthesizer [Moog] – Patrick Gauthier
Guest [Guest Star], Vocals – Gilles Deleuze
Guest [Orthopedic Shoes], Synthesizer [Mini-Moog] – Georges Grumblatt

<追記>TRさんから、いただいたリプライに「オリジナルが家にあったと思ったら、スペイン盤でした。フランス盤は幻ですね。」とありました。でも、スペイン盤はスペイン盤で貴重ですね! Discophonものはtodocoleccionでは55ユーロつけてます。フランス盤オリジナルだとeBayでVG++/VG++が94ユーロですねぇ ^^;
スポンサーサイト

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR