スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第140話  Duncan Mackay 『Chimera ‎』 (1974)

今夜の一曲 Morpheus


dm (1)


こいつを手に入れたのは、確か世紀末前後だったと思う。ダンカン・マッケイの『キメラ』(Chimera)・・・おぬし、なかなかやるのぉ・・・ってヤツだ。こいつは衝撃的だった。感動の涙に身もだえした覚えがある(笑)。

当時、呆れるほど知名度低かったこの音源。中古円盤屋の某氏のご厚意がなかったら、2008年のSecond Harvest再発までは、その存在を知らなかったと思いますね。

EL&PやThe Niceに触発されたキーボード・ロックの一つの完成形に思えたし、UKのプロト・タイプにも思える先鋭さも兼ね備えていた、と絶賛しておこう(笑)。


dm (5)


英米追従のヒットチャート・フォロワの印象が深い南アフリカ。彼(か)の地でトニー・オーランドとドーン(Tony Orlando & Dawn)の「黄色いリボン」(Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree)(1973)が大ブレークしたとか、ポップ・トップス(Pop Tops)の「マミー・ブルー」(Mammy Blue)のご当地カバー(1971)が12週連続ヒットチャートNo.1を記録した、と聞いても驚きはしない。

カナミー(Canamii)などのMORシンフォ・プログは例外として、異端児はどこの世界にもいるわけだ。フリーダムズ・チルドレン(Freedom's Children)やホーク(Hawk)を知ったのは随分後の事だったが、それでもオーティス・ウェイグッド(Otis Waygood)、サック(Suck)、アブストラクト・トゥルース(Abstract Truth)、マッカリー・ワークショップ(McCully Workshop)などは、異端審問に遭いかねない際どい香りがした。

が、何でまた『キメラ』がヨハネスブルク(Johannesburg)でレコーディングされたのか、大きな謎だった。まさかアリソン・オドンネル(Alison O'Donnell)のフリバーティジベット(Flibbertigibbet)みたいな逃避行(?)でもあるまいしなぁ。


dm (4)


けれども、そんな謎も後発のCDリリースのライナーで一挙解決。それによるとだ・・・ダンカンはキーボード以前にローティーンにしてヴァイオリンの名手。1963年には、奨学金もらって、ダーウィン(Charles Darwin)やジョン・ピール(John Peel)を排出したイングランドのシュルーズベリー校(Shrewsbury School)で学んでいる。

60年代の後半には、はたまたどんな事情か、家族で南アフリカに居を移した。ダンカンは大学(Port Elizabeth University, Eastern Cape Province)で学士を取り、ヴァイオリンも教えていたらしい。キーボードも腕利きで、ローカルな活動で頭角を現し、1970年はセルジオ・メンデス(Sergio Mendes)バンドのメンバーとしてブラジル・ツアーにも同行した。

1971年、ダンカンはドラマーのマイク・グレイ(Mike Gray)と共にヨハネスブルクに移り、ホテルのキャバレーでギグっていた。そんな折、彼らの演奏を聴いて感銘を受けたスコットランド人のトム・ブキャナン(Tom Buchan)が、ある提案をする。


dm (2)


かくして古レストランを改造し、そこを活動の拠点とした。そのステージ兼スタジオはニューヨークのジャズ・クラブにちなんで、「ブランチ・オフィス」(Branch Office)と名付けられた。そして、時間を忘れてリハーサルに明け暮れる。

キーボードが山と積まれ、レスリー・スピーカがぶんぶん回り、ダンカンはキーボードからキーボードの間を忙しく飛び回ってはペダルベースを踏みならす。それを煽るマイクのドデカいツーバス・ドラムスが雷鳴のように響きわたった。

来る日も来る日もリハを繰り返す。EL&PやThe Nice、Peddlersらの曲を交えながら、ダンカンのオリジナル曲が披露される。バンドはギグを繰り返すうち、一部のファンの間で熱狂的な支持を得る。ダンカンは兄のゴードン(Gordon Mackay)のヴァイオリンとキーボードを加え、三輪車(The Tricycle)と名づけたトリオ・バンドでの演奏に我を忘れる。

ある満員御礼のステージを見に来たのが、フォノグラム・インターナショナル(Phonoguram International)のピーター・ナイト(Peter Knight)。そんな彼に見初められたのを契機に、一気にレコーディング話が具体化した。


dm (3)


1974年4月、ヨハネスブルクのギャロ・スタジオ(Gallo Studio)でレコーディング。費やしたのは一週間のみ。その間、スタジオとクラブを行ったり来たりで、重い機材を忙しく移動させている。アルバムはほとんどライブ録音されたらしい。

英国に戻ってコックニー・レベル(Steve Harley & Cockney Rebel)(1975 - 1977)に加入する前、ダンカンはコラシアムII(Colosseum II)のメンバー候補に挙がったが、最終的にはドン・エイリー(Don Airey)にその座を譲った。

ダンカンは1977年にセカンド・ソロ『スコア』(Score)をリリース。ジャケ写の彼は相変わらずだが、コックニー・レベルを支えた隠花植物のような腐臭は脇に置いといて、プレグレ風味のポップ・センスの炸裂する好アルバムに仕上がった。往年の夢を束の間見せてくれる白日の夢と言ったところか。


dm (6)


このアルバムには前作『キメラ』と同じモチーフが立ち現れる。二作が兄弟の仕上がりというわけではない。日の当たる場所に出なかった『キメラ』を無きモノとして、再び秀逸な素材は使い回したいという、プロデューサのジョン・ウェットンとダンカンの意向が強く表れているのではないか。

「No Return」「Pillow Schmillow」などのジョン・ウェットン(John Wetton)のヴォーカルも役者だ。アンドリュー・マカロック(Andrew McCulloch)のドラムスも、骨太にアルバムを支える。

「Time Is No Healer」で流れるようなフルートのカウンターメロディを奏でているのはメル・コリンズ(Mel Collins)だ。スティーヴ・ハーレイ(Steve Harley)の艶姿(あですがた)も文句なし。

それにしても、クライヴ・チェイマン(Clive Chaman)がベースを担当しているのは異業種交流っぽく感じた。このミスマッチはかなり嬉しい驚きではある。

彼はジーザス・クライスト・スーパースター(Jesus Christ Superstar)やジェフ・ベック・グループ(Jeff Beck Group)、ハミングバード(Hummingbird)、ブライアン・オーガーズ・オブリヴィオン・エクスプレス(Brian Auger's Oblivion Express)、リンダ・ルイス(Linda Lewis)『Not A Little Girl Anymore』などでナイス・プレイ。彼の粘っこい演奏がここでどう活かされているか目(耳?)が離せないでしょ?





Duncan Mackay – Vocals, Grand Piano, Hammond B3 Organ, Denon Electric Piano, Clavichord, ARP 2600 & Odyssey Synthesizers, Bass Pedals
Mike Gray – Drums, Backing Vocals
Gordon Mackay – Violin, Electric Piano, Piano
スポンサーサイト

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

第139話 Blue Mitchell 『The Thing To Do ‎』 (1965)

今夜の一曲 Chick's Tune

139 (2)


さてさて、ジャジーな夜、第二弾、「B」のコラムです。


139 (7)


Big John Patton - The Yodel
(ビッグ)ジョン・パットン。不器用ながらもセンスの良さの際立つ諸作をブルー・ノートに残した米国のジャズ・オルガニスト。グラント・グリーン(Grant Green)のギターとは最高に相性が良い。

Big John Patton - Soul Woman
ボビー・ハッチャーソン(Bobby Hutcherson)をヴァイヴに迎えた『Let 'em Roll』(1965)をイチオシしたい所ですが、この『Got a Good Thing Goin'』(1966)も捨てがたいねー。

Big John Patton - Ain't That Peculiar
A面③のこの曲はマーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)のカヴァー曲。どこまでも黒く、どこまでもソウルフルに。パットンは米国ミズーリ州生まれ。1935年生、2002年没。

139 (6) 139 (1)

Blue Mitchell - Chick's Tune
米国人トランペット奏者。ハード・バップ時代を代表するトランペッターだった。リバーサイド(Riverside)、ブルーノート(Blue Note)、メインストリーム(Mainstream)等に佳作を残した。70年代には活動の幅を広げ、ジョン・メイオール(John Mayall)とのコラボでも活躍した。Chickというのは勿論・・・!

Blue Mitchell Quartet - I'll Close My Eyes
ウィントン・ケリー(Wynton Kelly)(p)のポイント高し。ミッチェルは1964年、自身のクインテットに、当時新人だったチック・コリア(Chick Corea)を起用して気を吐いた。『The Thing To Do』(1965)


139 (5)


Brian Bennett - Children of Devon
クイーン(Queen)のロジャー・テイラー(Roger Taylor)にとって、ドラム・ヒーローが2人いる。1人はロバート・ワイアット(Robert Wyatt)。もう1人がこの人、ブライアン・ベネット。シャドウズ(The Shadows)出身。映画音楽、TVシリーズのスコアもお手の物。

Brian Bennett - Nuplex
これをジャズと呼ぶにはカテ違いかもしれないけれど、ジャズもベネットの素養の一部でしょう。ちなみにこれ、伝説的なKPMの1000シリーズのミュージック・ライブラリーの一枚なんです。『James Clark / Brian Bennett ‎– Suspended Woodwind』etc.(1974)


139 (3)


Bud Powell - Time Waits
チャーリー・パーカー(Charlie Parker Jr.)とバド・パウエル(Bud Powell)を真の天才と評したのはマイルス・デイヴィス(Miles Davis)だったでしょうか。汲めども尽きぬ奔放なイマジネーションと神がかり的な演奏。どこを切り取っても絵になる。『Time Waits; The Amazing Bud Powell Vol.4』(1958)

139 (4)


Bud Powell Trio - I Should Care
ジャズ・ピアノの世界にビバップのイディオムを導入。p, b, dsのピアノ・トリオのフォーマットを持ち込んだのはバド。ゆえにモダン・ジャズ・ピアノの父として敬愛を受けているわけですね。『The Bud Powell Trio』(1947)

ではでは。みなさん、よい夢を・・・

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

第138話 Serge Gainsbourg『Histoire De Melody Nelson ‎』 メロディ・ネルソンの物語 (1971)

今夜の一曲 Ballade De Melody Nelson

sege (9)


こいつには打ちのめされましたね~、完膚なきまでに(笑)。

ゲンズブールがいかに変態かなんて、そんな週刊誌チックな話はどうでもいいんです。ゴッホ(Vincent Van Gogh)がどんなに奇行に走ろうが、その作品の芸術性にミソがつくことなんてないのと同様に。ゲンズブールにしたって、カラヴァッジョ(Caravaggio)みたいに殺人は犯していないですからねっ。


sege (5)


そうは言っても、中年男のゲンズがロールス・ロイスをすっ飛ばしていて、チャリのメロディをひき殺しそうになりながら、この14歳女児をなんで口説き落としてしまうのか、これは確信犯でしかないですわ。

メロディ・ネルソンが、たとえロー・ティーンだったとしても、それはそれで架空の物語なので、まぁ、いいんです。もっとも架空と言っても、このストーリーはwikiると「ロリ志向の自伝まがい」(The Lolita-esque pseudo-autobiographical plot)なので、危ない男であることに変わりはありませんがね。


sege (4)


このアルバムはゲンズやバーキンのトーキング・ヴォイスが主役を演じつつ、実はジャン・クロード・ヴァニエ(Jean-Claude Vannier)のオーソドックスでありながら、どこか屈折したオケやコラールの存在感が圧倒的なんです。

ところがですよ、この音源がCD化されたことで聞こえてしまったのが、ベースとドラムスの声でした。70年代初期特有の、もたったドラムスと、アタックに個性のあるカリッとしたファンキーなベースのうねりと絡み。時宜を得て奔放に唸りをあげるギターもジャンキーだ。こいつは、まさにアシッド・トキシック!


fi.jpg


で、誰なんだ?プレーしてるのは。調べてみるとこのアルバム、何と英国でレコーディングされている。ロンドンにあるマーブル・アーチ(Studio Marble Arch, London, England)じゃん。これはフィリップス系のスタジオだよ。

ってことは、バックを務めるのは、ここでプロダクションに雇われたスタジオ・ミュージシャンたちだ。このミュージシャンたちは長年、ノー・クレジットだった。けど、近年のメロネル再評価に伴って、ここぞとバックヤード音源がご開帳になったりで、謎の解明も進んだ模様。

sege (2)


それによるとだ、ベースはブライアン・オジャース(Brian Odgers)。オジャースと言えば、すぐに思い浮かんだのはアル・スチュワート(Al Stewart)の作品です。確認してみると『Love Chronicles』(1969)『Orange』(1972)『Past, Present & Future』(1973)ですね。

他にも調べてみたらこれがまた面白い。たとえば、

ジャン&ロレイン(Jan & Lorraine)の『Gypsy People』(1969)
ジョン・マクラフリン(John McLaughlin)の『Extrapolation』(1969)
マイケル・ギブス(Michael Gibbs)の『Michael Gibbs』(1970)
ショーン・フィリップス(Shawn Phillips)の『Second Contribution』(1970)
ルー・リード(Lou Reed)の『Lou Reed』(1972)
ティア・ナ・ノーグ(Tir Na Nog)の『Strong In The Sun』(1973)
ダナ・ガレスピー(Dana Gillespie)の『Weren't Born A Man』(1973)
キャサリン・ハウ(Catherine Howe)の『Harry』(1975)
などなど・・・


sege (1)


どんなスタイルにも合わせられる器用さは、ベイカー・ストリート・フィルハーモニック(Baker Street Philharmonic)の『By The Light Of The Moon』(1970)収録曲「Daydream」一つ取り上げても一聴瞭然ですね。

調べてみて収穫だったのがスウィート・サーズデイ(Sweet Thursday)の同名アルバム(1969)(Tetragrammaton Records)。このアルバム、これまではゲスト参加のニッキー・ホプキンス(Nicky Hopkins)にしかキョーミなかったんです。ところが、オジャースのベースはオープナーからして鳥肌モノじゃないですかぁ。


sege (11)


オジャースは自分のスタイルを創り上げてきたというより、時代の音を体で表現する才能に恵まれていたんでしょうね。ゲンズブールの諸作にも、以後、うねうねと関わっていきます。『Vu De L'Extérieur』(1973)『Rock Around The Bunker』(1975)『L'Homme À Tête De Chou』(1976)とかね。

なお、ドラムスのダギー・ライト(Dougie Wright)もデラム(Deram)系にワクワクするようなアルバムを残しています。一例をあげると・・・


sege (7)


sege (10)


sege (3)


サンフォレスト(Sunforest)の『Sound Of Sunforest』(1969)
ウィスラー(Whistler) の『Ho-Hum』(1971)
コズミック・アイ(Cosmic Eye)の『Dream Sequence』(1972)

ゲンズネタを語り始めたら底なし沼です(笑)。そうそう、メロディ・ネルソンに打ちのめされた私をさらに興奮のるつぼに放り込んだのがこれ。"La Horse"(1969)。


sege (8)


ピエール・グラニエール・ドフェール(Pierre Grannier-Deferre)の映画『La Horse』(麻薬)のテーマ。プロモ用の7インチ45RPMしか存在しなかった激レア級。ここでもヴァニエ(Jean-Claude Vannier)の力は大きいぞ!SideBが "L'Alouette" (1969)ですね。

つくづくゲンズブールは全く油断ならないオヤジだぜ。


sege (6)


Lyrics, Music, Piano, Vocals – Serge Gainsbourg
Vocals – Jane Birkin
Bass – Brian Odgers
Drums – Dougie Wright
Lead Guitar – Vic Flick
Rhythm Guitar – Big Jim Sullivan
Piano, Organ, Harmonium, Timbales – Jean-Claude Vannier
Keyboards – Roger Coulam
Choir – Grand Orchestre À Cordes Des Jeunesses Musicales De France
Cor Anglais – Georges Barboteu
Electric Violin – Jean-Luc Ponty
Orchestra conductor, arranged by – Jean-Claude Vannier


テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。