第108話 Dando Shaft 『An Evening With....Dando Shaft』 (1970) U.K.

今夜の一曲  Rain


108 (4)


こちらは、1970年のファースト・アルバムから。木漏れ日系の英国フォークという単純なくくりでは説明しきれない不思議な魅力。複雑な曲構成。テッド・ケイ(Ted Kay)のパーカッションにマーティン・ジェンキンス(Martin Jenkins)のギターやマンドリンが絡めば、なすすべもなく波間に浮かぶクラゲ状態。

彼らのデビュー作は1970年、ヤング・ブラッド(Young Blood)から発売されました。(米国ではUS Deccaから)プロデュースはミキ・ダロン(Miki Dallon)、セピア調の写真、デザインはフォーカルグラフィック(Focalgraphic)。

ネオンからリリースされたセカンドと並び、こちらも捨てがたい。あの独特のアコースティック・サウンドをとろとろ聞いていると、世捨て人街道まっしぐらである。

インドの民族楽器を使っていても、ラーガ・ロックになりきらず、あくまでもはかない英国フォークの文脈にあるのが奇蹟的。この独特の浮遊感は何なんでしょうね。


108 (7)


グループ結成は1969年。フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)やペンタングル(Pentangle)の影響の下にあることは一聴瞭然ですが、それにとどまらぬチャームポイントがある。

このグループ、仕掛け人はマンドリン、フィドル、フルート、ギター、作曲等を担当するマルチ・プレーヤーのマーティン・ジェンキンス。ここには、ポリー・ボルトン(Polly Bolton)はいませんが、それがゆえに催眠系の翳(かげ)りある音像が際立ち、中毒症状が懸念されます。これでポリーがいたら、まさに幽体離脱の世界でしょうか。

ファースト以降、女性ヴォーカルを導入したかったマーティン・ジェンキンスと、音楽活動の幅を広げる事を望んだポリー・ボルトン(Polly Bolton)の思惑が一致し、ポリーの加入が決まりました。


108 (8)


108 (9)


ポリーが参加した次作は、従来のまどろむような催眠ソングに、つややかな色合いを添えることに成功します。

同時代に活躍したジャッキー・マクシー(Jacqui McShee)やマディ・プライヤー(Maddy Prior)、サンディ・デニー(Sanddy Denny)、シャーリー・コリンズ(Shirley Collins)(※)といった歌姫に比べても、決して劣らぬ素敵な歌声。もちろん、ポリー不在の本作にも十分に色あせない魅力を感じます。

※順にPentangle、Steeleye Span、Faiport Convention/Fotheringay、 Albion Country Bandなどで活動。


108 (11)


ところで、バンド名のDando Shaftの由来は何でしょうか。バンド名は、どうやら1965年に刊行された小説の主人公の名前のようです。著者はドン・カルフーン(Don Calhoun)。

主人公ダンドー・シャフト(Dando Shaft)は、中年の有能なコピー・ライター。ウィラード・ジョーンズ社(the Madison Avenue ad agency Willard Jones)に勤務していました。

けれども、冴えない家庭生活と仕事にうんざりする日々。そんな折、彼はある企てを思いつきます。それは「みんなの百万長者(Everybody's Millionaire)」として、人々の注目を浴びる生活を送ることでした。


108 (10)


彼はNew York Daily News紙に$3,000かけて、寄付金募集の全面広告を打ちます。みるみるうちに寄付金が集まり、彼は夢のセレブな生活を享受します。しかし・・・(筆者未読につき)

Don Calhoun一流の、米国のセレブ社会への風刺が冴えたこの小説。マーティン・ジェンキンスは、どんな思いでこの主人公の名前をバンド名にしたのでしょう。主人公の生きざまに感銘を受けたのでしょうか。それとも著者自身へのオマージュなのでしょうか?

何だか意味ありげですが、実は、そのどちらでもなさそうです。後年のマーティン・ジェンキンスのインタビューによると、別に筆者や小説中のキャラに触発されたわけでもなく、ただ単にDando Shaftの響きが良かったから・・・だそうです。


108 (2)


マーティン・ジェンキンスによれば「当時は小説とかにちなんでバンド名をつけるのが流行ったしね。」とか。なるほど。ソフト・マシーン(Soft Machine)やスティーリー・ダン(Steely Dan)もウィリアム・バロウズ(William Burroughs)の小説から採名されました。

あ、そうそう、バンド名のDando Shaftは、日本ではダンドゥ・シャフトと表記&発音されているようです。ちなみに、ネット動画で「September Wine」のBBCトランスクリプションを耳にしたのですが、ダンドー・シャフトって言っています。

「ダンドゥ」も「ダンドー」も誤差の範ちゅうかもしれません。ただし、間違って「ドーダン」などと言ってしまっては言語ドーダンかもしれませんね。(どうやら不発弾^^;)


108 (3)


Martin Jenkins - vocal, mandoline, violin, flute
Dave Cooper - guitar, vocal
Kevin Dempsey - guitar, vocal, bass
Roger Bullen - bass
Ted Kay - percussion


スポンサーサイト

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
サイラス・マーナー、残念ながらフロイドとは関係なかったようですが、ticcaさんのストーリーテリングは、とても面白かったですよ。本に興味が沸きましたし。
ハズレがあっても、ロックの元ネタ探しは楽しいですよね~!
ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR