第115話 Frob 『Frob』 (1976) Germany

今夜の一曲  Spaces


115 (4)


1976年に1000枚のみ、ひっそりとリリースされていたクラウト・ジャズ・ロック。プロデュースの甘さやアレンジの弱さをを味方につけたような、不思議感あふれる音像。まさに時代の異端児。セールス的に撃沈したとはいえ、闇に葬り去るにはあまりに惜しい。ソリッドなギターと陰りのあるオルガン・プレイが際立つ力作。

オープナーの「Wassertropfen」はいきなりキャッチー。ドイツ語のタイトルは「水のしずく」という意味らしい。灼け付くようなギターが主導する挨拶代わりの一曲。アイソトープ(Isotope)、時にマハビシュヌ(The Mahavishnu Orchestra)を思い出させるが、アルバム通すと、曲傾向は結構クロス・ジャンルだ。


115 (1)


フロブ(Frob)の唯一作は1976年製ということで、多くの先達を教科書とした余裕も感じられる。初期ニュークリアス(Nucleus)やソフト・マシーン(Soft Machine)みたいな手触りもある。そうかと思えば健康優良児のキャメル(Camel)も好きだし、極悪非道のエンブリオ(Embryo)だって好きですよ、みたいなオーラを発していて面白おかしい。毒も薬もすべてが栄養ドリンクになる世界だね。

曲名を見ると英語・ドイツ語・フランス語が入り乱れている。その理由はメンバー構成にあると見た。バンドはドイツで1973年に結成されている。そこにフランス出身でドイツで音楽学校の教員をしていたフィリップ・カイヤ(Philippe Caillat)(g)が加わる。フロブ(Frob)のギグを見て参加を決めたとか。


115 (5)


フィリップがバンドに加入したのが1975年。かくして、フランス勢1、ドイツ勢3の混成部隊。レコーディングはフィリップの友人のスタジオ(Studio Guy Simon)のある、南仏モンペリエで行われた。

1976年にプライベート・レーベル、ムジークラーデン(Musikladen)(英語ではMusic Storeの意味)から秘かに限定リリースされていた、いわゆる幻の作品。自分はGarden Of Delightsのカタログ#104で初めて知りました(2004年)。


115 (6)


popsikeのオークションのセールス・トークを読んでみると、ハード・サイケ・フュージョンとか、プログ・インスト・インプロ大爆発(※)だなんてぶち上げてますね。アウト・オブ・フォーカス(Out Of Focus)やエレクトリック・サンドウィッチ(Electric Sandwich)のファンは見逃せない!とも。イセベルグ(Iceberg)風とかユッカ・トローネン(Jukka Tolonen)風と捉えるレコ評もありました。まぁ、色んなとらえ方があるもんだ。

※Hard Psychedelic Fusion, a Progressive Instrumental Improvisational Fireworks!

いずれにしても、このアルバムがもし、1971年製のピルツ(Piltz)盤だったなら、恐らくクラウトの超レアリティーだったんじゃないかという想像は面白いですよね。


115 (3)


一言でいえば、フロブ(Frob)は、フィリップによるギター・フロントのジャズ・ロック。そこに絡むペーター・シュミッツ(Peter Schmits)のオルガンが、これまた捨てがたい。K.D.リヒター(K.D. Richter)のベースと、ピーター・マイフェルツ(Peter Meuffels)のドラムスのリズム陣も絶妙。サウンドがカンタベリーにたそがれると、もうそれだけで、このバンドの全てを許しちゃいますね。


Philippe Caillat / guitar
Peter Meuffels / drums
K.D. Richter / bass
Peter Schmits / keyboards


スポンサーサイト

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR