第119話 Phil Manzanera / 801 『Listen Now』 (1977)

今夜の一曲  Island


119 (3)


<三杯目> ブライアン・イーノの巻

さて、フィル・マンザネラはもともとジミ・ヘンドリクスに影響を受けてギタリストを目指しましたが、ロキシー・ミュージック(Roxy Music)に加入する以前は、クワイエット・サン(Quiet Sun)のメンバーとして活動していました。

ロキシーがギタリストを募集したメロディ・メーカー(Melody Maker)誌を見て応募を決めたフィルですが、手を上げたギタリスト候補は20名。結局、当選したのはナイス(The Nice)での活動で知られるデビッド・オリスト(David O'List)。フィル・マンザネラはロキシーのローディーとして活動することになりました。

しかし、オリストの脱退に伴って、フィルの昇格が決まります。本作に参加したメンバーたちは、ロキシー組やクワイエット・サン組など、豪華なメンツが顔を揃えています。


119 (7)


面白いのは、ロキシーをクビになったイーノ(Eno)と、ロキシーに新しく抜擢されたエディ・ジョブソン(Eddie Jobson)の名前が並んでいることです。これは801がクレジットされたスタジオ作『リッスン・ナウ』でも顕著です。

二人が競演しているナンバーは「Flight 19」「Island」「Postcard Love」など。エディはフェンダー・ローズのエレピやアコピ。またイーノは、シンセやギター・トリートメントにクレジットされています。

これはある意味、フィルは二人の良さを理解した上で、それぞれの長所を引き出しながら、うまく使い分けたという事なのでしょう。


119 (1)


イーノはヴォーカリストや演奏者として、本作にかなりの貢献をしていますが、その背景にあるのは何でしょう。

イーノのソロ作を追ってみると、「ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ」(Here Come The Warm Jets)(1974)や「テイキング・タイガー・マウンテン」(Taking Tiger Mountain by strategy)(1974)にも、フィル・マンザネラの名前が認められます。

もともと801のバンド・ネームもイーノの第二作から採られたものです(※)。そう考えると、二人の関係は結構、蜜月だったようです。後にフィルはインタビューで次のように話しています。(※)「The True Wheel」の"We are the 801"より
それによると、エンジニアのレット・デイビス(Rhett Davies)の周りには、イーノを含めて居心地の良いメンバーがファミリーのように集い、気の向くままにスタジオ作業を進めていったようです。


119 (2)


フィルのソロ『ダイヤモンド・ヘッド』も、クワイエット・サンも、801の諸作も、そうやってオウン・ペースで音を形にしていったのでしょう。こうしたセッションにおいて、イーノはデイヴ・ジャレット(Dave Jarrett)にシンセを教えたといいます。

よく知られているように、クワイエット・サンの『メイン・ストリーム』と、フィルの初ソロ作『ダイヤモンド・ヘッド』は、昼夜分けて同時並行でレコーディングが進みました。それにしても、二作はそれぞれに音楽傾向も異なっています。前者の正統派ジャズ・ロック路線に対して、フィルの『ダイヤモンド・ヘッド』は、実にバラエティに富んだ作風です。

サイケ・ポップあり、ギター・バラードあり、ラテンあり、アンビエントな響きあり、プログ・ジャズありと、相当にクロス・ジャンルです。いわゆるギタリストのソロ作というイメージからはかけ離れたセンスと表現力で構成されているのが『ダイヤモンド・ヘッド』だったのではないでしょうか。


119 (5)


ヴォーカルものも、担当がワイアットかイーノか、ジョン・ウェットンかビル・マコーミックかで、印象もがらりと違う。それを統一感がないとするのか、酸いも甘いもひっくるめてフィマン節とするかで、評価は二分します。しかし、『ダイヤモンド・ヘッド』もクワイエット・サンも売れました。

同じアイランド・レーベル(Island Records)で言うと、同時期のバッド・カンパニー(Bad Company)やキャット・スティーヴンス(Cat Stevens)並みにセールスがあったというからたまげる。当時EGものはアイランドからリリースされていましたね。

米国の配給元はAtcoだったようですが、こいつは盤質が悪く、だから余計に英国盤が売れたという事情もあったのか、笑いが止まらなかったようです。


119 (4)


時代に寄り添うように、そして背を向けるように、フィルの音楽性は多様性を示しました。『リッスン・ナウ』も例外でなく、ポップにアンビエントに、そして期待を裏切らずプログレ風味やジャジーな味付けも忘れていません。

さて、次回の夜話は第120話。ということで、お読み頂いたあなたにスペシャル・プレゼントを用意いたしました。次回はおいしいワインを求めてイタリアの旅へのご招待です。ただし、旅費はご自分でご用意ください(笑)。






Phil Manzanera - guitar, acoustic piano, Hammond organ
Eno - guitar treatment, chorus piano, synthesizer
Simon Ainley - lead vocals
Bill MacCormick - bass, vocals
Ian MacCormick - vocals
Tim Finn - vocals
Kevin Godley - vocals, percussion
Lol Creme - vocals
Billy Livsey - clavinet, Wurlitzer electric piano, Fender Rhodes electric piano
Mel Collins - soprano saxophone
John White - tuba
Eddie Jobson - acoustic piano, Fender Rhodes electric piano
Eddie Rayner - acoustic piano
Francis Monkman - Fender Rhodes electric piano, synthesizer
Rhett Davies - Hammond organ
Simon Phillips - drums, percussion
Dave Mattacks - drums
Alan Lee - background vocals

<第118話 Phil Manzanera 『Diamond Head』へ>

<第51話  Quiet Sun 『Mainstream』へ>
スポンサーサイト

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ワタクシこのアルバムは聴いてなかったんですが、ラインナップを見て、ややっ!ゴドレイ&クレームが参加してたんですねっ!
77年だと、もう10ccは辞めてたかな。

Re: No title

レコーディング・クレジット見てると、あっ!と驚かされること、少なくありませんね。
最近はネット上で公開されているデータ・ベースや、本人や関係者のホームページが充実していて、そうしたデータに比較的、簡単にアクセスできてラッキーな時代です。
yuccalinaさん、いつもコメントありがとうございます。
ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR