第13話 Virginia Astley  『Promise Nothing』   (1983)  UK

今夜の一曲  Love's A Lonely Place To Be


va.jpg


 クリスマスキャロルみたいな曲なのに、歌のテーマは重い。互いに愛し合いながらも、愛に希望を見いだせない絶望感。英国ではカルト的な人気に留まりましたが、日本ではブレークしました。

 今回選んだ曲「Love's A Lonely Place To Be」は、『Promise Nothing』の収録曲です。このアルバム、好きです。あれ? 今回は妙に素直な私ですね。彼女のエンジェリック・ヴォイスが昂揚するチャーミングなアンビエント・ポップに、幾度となく癒やされました。

 賛美歌に包まれるような無垢な感動、私のような悪人であっても無条件に受け入れてくれそうな寛大な心。魂が浄化される疑似体験に身を任せると、信者でもないのに「迷える子羊を救い給え」の世界がほの見えます。

 ヴァージニアの父はTV番組のテーマ音楽を作曲する仕事についていたし、兄のジョン(Jon)はエリック・クラプトンのテープ・オペレータでした。姉のカレン(Karen)はThe WhoのPete Townshendの奥さん。いわゆる音楽一家ってやつでしょうか。

 自分が最初にヴァージニアの名前を聞いたのは、ブリュッセルを本拠地とするクレプスキュール・レーベルのオムニバス盤『The Fruit Of The Original Sin』(1985)でした。

f


 ヴァージニアは1981年、Why-Fi レーベルに『She Sat Down And Cried』のためのマテリアルをレコーディングしました。けれども、敢えなくお蔵入り。実質的なデビューはEP盤の『A Bao A Qu』(1982)となりました。翌年「Love's A Lonely Place To Be」(1983.1)をリリース。

 しかしレーベル側からの十分なサポートが得られず、自身のレーベル(Happy Valley)からデビュー・アルバム『From Gardens Where We Feel Secure』(1983.7)をリリース。

 直後にはWhy-Fiから『Promise Nothing』(1983.9)が発売されています。これは『A Bao A Qu』と『From Gardens Where We Feel Secure』とのミックスと考えればいいでしょう。とにかく権利関係が錯綜し、LP、EP、7"、12"、レーベル違い、スリーブ違い、バージョン違いetc.複雑なのでマニア泣かせです。

vapn1


 1986年には、ヴァージニアの長年のファンだった坂本龍一のプロデュースで、デビッド・シルヴィアン(David Sylvian) とのコラボ『Hope in a Darkened Heart』「Some Small Hope」が実現した事は記憶に新しいですね。

 その後ヴァージニアは娘Florenceの育児期間を挟んで再起を遂げ、娘とのコラボも果たしました。

 彼女の音楽的ルーツがドビュッシーであれ、サティであれ、レイフ・ヴォーン・ウィリアムスであれ、ヴァージニア・スタイルに編み上げたヒーリング・サウンドに私の魂は震えっぱなしです。

Virginia Astley / Primary Artist, Producer
Jon Astley / Producer
Philip Chapman / Producer
Russell Webb / Producer

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR