第127話 Danny Kirwan 『Second Chapter』 (1975)

今夜の一曲  Love Can Always Bring You Happiness


dk (7)


フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)の『枯木』(Bare Trees)(1972)収録の「Sunny Side Of Heaven」。折に触れて聴きたくなる名曲です。甘美なメロディがとろけます。この作者が、ダニー・カーワン(Danny Kirwan)。まさにギター・インスト・ヘヴン。

『枯木』は、10曲中半分がカーワンのペンになるものでした。残りはボブ・ウェルチ(Robert Welch)とクリスティン・マクヴィー(Christine McVie)が半分ずつ。

前作『Future Games』(1971)からマックにボブ・ウェルチとクリスティン・マクヴィーがフル・メンバーに加わりました。新しいラインナップになって、ようやく安定したサウンド・メイキングが可能になりました。


dk (3)


確かに、ポスト・ブルース期のマックとしては、ここに至ってようやく一つの地歩を築いたかに思えます。でも実際は、バンドは危うい均衡の上で、ぎりぎり成立していたようです。世はまさに無情です。

ピーター・グリーン(Peter Green)が薬禍で脱退し、ジェレミー・スペンサー(Jeremy Spencer)がChildren Of Godに入信するなど、マックは主要なメンバーを次々に失っていきます。

破綻寸前のマックを立て直そうという気運になったのは、ミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)やジョン・マクヴィー(John McVie)の強固な決意があってこそでしょう。


dk (4)


ブルース色の濃厚なグリーンの影響から抜け出せたのは、カーワンの貢献も無視できません。結果、ソフト・ロック化してフォーキーなロックに傾き始めたとしても、彼らの魅力が決して薄らいだわけではありません。

『枯木』はカーワンのみならず、ボブ・ウェルチやクリスティン・マクヴィーの成長ぶりを実感するアルバムです。一人のスター・プレーヤーに依存するのではなく、どこから玉が飛んでくるかわからないスリルすら感じます。それにしても、このアルバムは売れなかった。(またかよっ・・・て声が(笑)

私にとって『枯木』は、どこか陰りのある典型的なブリティッシュ・サウンド。米国ではかろうじてチャートにかすったものの、英国では全く話題にもなりませんでした。それでも地味に根強い人気を誇るアルバムです。『枯木』はこの時期のマックとしては、唯一のGold扱いとなりました。心からCongrats!です。


dk (1)


カーワンは『枯木』のサポート・ツアーで四面楚歌となり、1972年に解雇されます。彼の飲酒癖に起因する素行の悪さや奇行。さらにメンバーと派手にトラブるてん末。その後、カーワンはソロ作をマーケットに問うものの、佳曲はあれどフォーカスの甘さが災いしてか、鳴きはしても飛ばず状態。

それがこの『Second Chapter』(1975年)。ですが、忘れ去るには余りに惜しい作品。「Hot Summer Day」や「Cascades」など、珠玉のメロディを誇る曲がいくつもあります。

ですが、その後のカーワンと言うと、なかなかいい話は聞こえてきません。1993年当時の(42歳)のインタビューによると、失業保険と雀の涙ほどの印税暮らし。相変わらずアルコール依存に苦しみ、精神的にも泥沼状態。


dk (6)


その後、2000年(50歳)になって、コンピレ『Ram Jam City』をリリースしようという機運が高まりました。カーワン君、ようやく日の当たる場所に出てきたという感じです。間違っても「そんなCDカーワン」なんて言ってはいけません(苦笑)

そこに至るまでには、意外にも元妻クレア(Clare)の助力があったそうです。クレアを通じてカーワンの貴重な消息が伝えられました。クレアはインタビュアーに、カーワン50歳の誕生日を祝う写真を見せたとか。写真に見る彼は、1993年のインタビュー時より、ずっと元気そうだった。

彼は時折、アルコール依存症患者のためのケア・センターの部屋で、ギターをつま弾いているそうです。彼のアルコール依存は解消されたのでしょうか。その記事にあったのは、彼をエリック・クラプトン(Eric Clapton)の例の施設に保護してもらうべきではないか、という意見。


dk (2)

その施設「Eric Clapton's Crossroads Centre」はカリブ海、西インド諸島に浮かぶアンティグア島(Antigua)にあります。ドラッグおよびアルコール依存患者の社会復帰を目指す施設で、創設者はエリック・クラプトン本人。

ここに、創設者のクラプトンからのメッセージが載っています。クラプトンのサムネイルをクリックしてみて下さい。crossroadsantigua.org

マック在籍時より、アルコール依存、かつドラッグ濫用者だったダニー・カーワン。その彼が、こうした無垢な曲を編むことが出来た奇跡に感謝すると共に、彼が早く心の病から解かれることを祈っています。


dk (5)



Danny Kirwan – guitars, vocals
Andy Silvester – bass guitar
Paul Raymond – piano
Geoff Britton – drums
Jim Russell – drums, percussion
Gerry Shury – string arrangements






<第31話  Fleetwood Mac 『Bare Trees』  (1974) へ>
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

まいどです

こんばんは

拙ブログでも、そろそろダニーカーワンかジェフホワイトホーンあたり
イッテみようかなって思ってた矢先、先にやられてしまいました。
私のはあくまでも私見と言うか、自分の体験に照らし合わせての
駄文に過ぎないですけど、ticcaさんのはさすがのヴォリュームと内容、
感服いたしました!。

No title

pipco1980さん、おはようございます。
ダニー・カーワンか、ジェフ・ホワイトホーンというところが、サラっとマニアックで素晴らしいです(笑)。
私見、自分の体験・・・まったく素晴らしいじゃないですか。
是非とも、ブログにアップしてください。
今から、購読予約させていただきます(笑)。
それでは、よい一日をお送り下さい。
ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR