第133話 Centipede 『Septober Energy』 (1971)

今夜の一曲  Septober Energy - Part 1


centipede (10)


1971年に二枚組の唯一作を残したセンティピード。これは果たしてワン・タイムのプロジェクトだったのか。それが気になっていました。

ムカデなるグループ名の由来は「50人と100本の足のための音楽」。本作Centipedeのレコーディングは1971年6月の4日間だけの日程。リリースは同年10月。
※Music for People and 100 Feet

そのセンティピードは前年1970年の11月15日付でコンサートを開いたという記録が残っています。

このリセウム(Lyceum)のコンサート時の写真がこれ。Cさんに指摘して頂いたのですが、写真中央、マイク・パトゥ(Mike Patto)とジュリー・ティペッツ(Julie Tippetts)の掲げた腕の間に鎮座しておみえなのは、まさにロバート・フリップ(Robert Fripp)(g)
ではありませんか。
※キースはティペット(Tippett)、ジュリーはティペッツ(Tippetts)なのか?


centipede (1)


マイケル・キング(Michael King)の『Wrong Movements / A Robert Wyatt History』によれば、「キース・ティペットは過去数ヶ月、大編成のための大曲の構想を練っていた。」とあります。

「このプロジェクトは最終的に2時間の組曲『Septober Energy』に結実した。だが、この実現しそうにないプロジェクトは、キースが中心となって集めたミュージシャンたちの同胞愛をいたく刺激した。」

キース・ティペットは次のように証言しています。「センティピードを編成した時、自分の知っている友人を、クラシックからジャズ、ジャズロック、ロックの世界まで、なるべく大勢入れたかった。ロバート・ワイアットは当然の選択だった。」

ティペットがThe Keith Tippett Groupとして『You Are Here... I Am There』をリリースしたのは1970年1月(Advision Studios, London)。セカンドの『Dedicated to You, But You Weren't Listening』は9月レコーディング(ワイアットも参加)、翌1971年1月のリリース。それを完成形に持っていくために『Septober Energy』を6月16~19日にレコーディング、10月8日にリリースしたという流れでしょうか。


rr.jpg


1970年の10月13~16日にはソフト・マシーンがオリンピック・スタジオで『Fourth』のレコーディング・セッションを開始しています。最終セッションが終了したのは11月16~18日で、これはセンティピードが11月15日にリセウムでの初コンサートを終えた翌日に当たります。

なので、この時期はセンティピードを構成する主要メンバーらがティペット・グループやソフト・マシーンと同時並行的にセッションを重ねて行く中で、キースがプロジェクトのコンセプトを固めていったと考えるのが妥当かと。

『Fourth』の最終セッションを終えた2日後の11月20日、21日には、センティピードはフランス、ボルドーにあるアルハンブラ劇場における「アーツ・フェスティバル」に参加。NME誌は「センティピード、フランスを侵略」(Centipede Invade France)という見出しを掲げて公演の成功ぶりを伝えています。(Roy Carrの記事による)

その後も各メンバーらはそれぞれの活動に忙しくした上で、1971年6月12日には、オランダのロッテルダムでコンサートを開きました。『Septober Energy』のレコーディングは、その4日後の6月16~19日となっています。


centipede (13)


ロイ・バビントン(Roy Babbington)はその録音風景について次のように述べています。「スタジオではミュージシャンを必要に応じて入れたり出したりしなければならなかった。何ページも綴じられた紙があって、そこに書いてある名前が呼ばれたら入っていって、自分のパートをやって、終わったら出ていく。

ありゃ、ちょっとしたもんだった。あんな手に負えないミュージシャン連中だけで何かをでっちあげちまおうって言うんだから。できたものを聞いた時には驚いたな。雰囲気がうまく捉えられていると思った。」

ジュリー・ティペッツは「バンドはレコードよりコンサートの方がずっと良かったわ。とても素晴らしい経験だったわ。」と語っています。

そして、1971年9月4日のメロディ・メイカー誌(Melody Maker)はロバート・ワイアットのソフト・マシン脱退(8月)を報じています。


centipede (8)


ワイアットはその後、マッチング・モールを始動させますが、同時にゴング(Gong)(9月18日)、アマルガム(Amalgam)(?)、ケヴィン・エアーズ(Kevin Ayers)(10月15日)、ゲイリー・バートン(Gary Burton)(11月)、ニュー・バイオリン・サミット(New Violin Suumit)(11月7日)への活動に奔走します。

センティピードでの活動に絞れば、10月14日ロイヤル・アルバート・ホール(Royal Albert Hall)、ファイナル公演が12月19日レインボー・シアター(Rainbow Theatre)。なお、12月29日、30日にはマッチング・モール(Matching Mole)のファースト『マッチング・モール』のためのセッションが行われました。

センティピードのジャケットにはワイアットのコメントが書かれています。ロバート・フリップの抱えた苦悩を案じつつ「それを語るも無意味だし、ジュリー・ティペットの詩について語るのもヤボだし」としながらも、「やっぱりニック・エヴァンス(Nick Evans)が発した『ワー・ヘイ(Wah-Hay)』」(勝ちどきの叫び)というメッセージだけは伝えておきましょうかね。」と締めくくっています。

何ともこのプロジェクト、本気なのかお遊びなのか、いかにも時代の寵児(異端児)たちの素晴らしき実験場となりましたね。フリップはティペット人脈での経験をクリムゾンの諸作に編み上げていく。


centipede (9)



Alto Saxophone – Dudu Pukwana, Ian McDonald, Jan Steel
Alto Saxophone, Saxello – Elton Dean
Baritone Saxophone, Clarinet – Dave White
Baritone Saxophone, Oboe – Karl Jenkins
Bass – Brian Belshaw, Dave Markee, Harry Miller, Jeff Clyne, Jill Lyons
Bass Saxophone, Soprano Saxophone – John Williams
Bass, Bass Guitar – Roy Babbington
Cello – Catherine Finnis, John Rees-Jones, Katherine Thulborn, Mike Hurwitz, Suki Towd, Tim Kramer
Cornet – Marc Charig, Mongezi Feza
Drums – Robert Wyatt, Tony Fennell
Drums, Percussion – John Marshall
Guitar – Brian Godding
Piano, Conductor – Keith Tippett
Tenor Saxophone – Alan Skidmore, Brian Smith, Gary Windo, Larry Stabbins
Trombone – Dave Amis, Dave Perrottet, Nick Evans, Paul Rutherford
Trumpet – Mick Collins, Peter Parkes
Trumpet, Flugelhorn – Ian Carr
Violin – Carol Slater, Channa Salononson, Colin Kitching, Esther Burgi, Garth Morton, John Trussler, Louise Jopling, Mica Gomberti, Philip Saudek, Rod Skeaping, Steve Rowlandson, Wendy Treacher
Violin [Lead] – Wilf Gibson
Vocals – Boz, Julie Tippett, Maggie Nichols, Mike Patto, Zoot Money
Producer – Robert Fripp


centipede (11)

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

まいどです

こんばんは
この歴史的なアルバム…すっかり忘れてました。
実は随分後になって聴いたアルバムで、黄色い方のジャケは
不覚にも私は知りませんでした。それだけでも何だかすごすぎて、
有意義な事件でした!サンキュです!。

Re: まいどです

こんにちは。pipco1980さん。
いつもコメント頂き、ありがとうございます。

この絵柄ジャケは1974年の米国盤のものですが、ネオンのオリジナル盤のデザインよりも存在感がありますね。
デザインを担当したのは、デビッド・ウィットブレッド。
ジュリー・ティペッツのサンセット・グロウや、キース・ティペッツ・アークなど、この周辺の人脈のアルバム・デザインに起用されていますね。異色なところではjapanとか(笑)。

写真を担当したのは、マイク・アデルマンで、イエスの危機にも貢献しています。マイクはクリス・スクワイヤやピーター・バンクスの在籍したThe Synのドラマーでした。いろんなつながりがあることにびっくりしますね。

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR