スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24話  IF 『if 2』  (1970) UK

今夜の一曲  Sunday Sad


if2.jpg


 アメリカのChicagoや、BS&Tの影響下で生まれた・・・と言っても、その傍流に収まることのない英国流ブラス・ロック。7ピースのジャズ・ロック・バンドですが、トランペットやトロンボーンではなく、サックス二本やフルートを配して独創的。ジョン・ミーリング(John Mealing)のオルガンもまた、実にいい味。

 リーダーはテナー・サックス&フルートのディック・モリッシー(Dick Morrisse)。音傾向はいわゆるブラス系ロックにあっては、かなりジャズ寄り。火の出るようなインプロヴィゼーションが持ち味。

 バンドの創世とサウンド傾向を解く鍵は、マネジメントとプロデュース担当のルー・ファッターマン(Lew Futterman)にあります。ルーはソウル&ジャズ畑を歩いてきた人物なんです。

 ルー・ファッターマンは、米国のソウル・シンガーJ.J.Jacksonのプロデュースにも当たってきました。創設メンバーのディック・モリッシーとギターのテリー・スミス(Terry Smith)はJ.J.J.のバンドで演奏していました。

if22.jpg


 その二人がIFを結成し、同じくJ.J.Jのバンドにいたデイヴ・クインシー(Dave Quincy)をIFのオリジナル・ラインナップに加えているのですから、この音になるのは当然の帰結だったのでしょう。

 あまり知られていませんが、一時はデイブ・グリーンスレイド(Dave Greenslade)も在籍しています。

 IFは多作なアーチストでしたが、モリッシーの健康上の問題で終焉を迎えます。バンド・メンバーたちは、それぞれのキャリアを終えると、Darryl Way's Wolf (J.W. Hodkinson), ZZebra (Dave Quincy), Strawbs(John Mealing), Foreigner(Dennis Elliott)など、そうそうたるバンドに巣立って行きます。

 本作はデビュー作の成功に気をよくして、USツアー半ばでNYのスタジオに飛び込んでレコーディングしたものです。まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。

if25.jpg


 本作が個性的なのは、米国流のブラス・ロックと英国のジャズ・ロックのハイブリッドなところでしょうか。デビュー作よりも英国色が薄らいだとは言え、どうしても出自は隠せません。二本のテナーがユニゾンがぐいぐい迫る展開が悶絶ものだし、いかにも英国ジャズ・ロックのギターやオルガンのソロはため息もの。実力派だけに安心して聴いていられます。

 リード奏者によって、ガラっとムードが変わるのも楽しいですし、各楽器が巧妙に次々にリードする展開はたまらなくエキサイティングです。

 再発に当たってはCD/DVD二枚組拡大盤仕様がリリースされています。本作発表後の1971年7月、英国リバプール大学での公演映像(Live at Liverpool University, 1st July 1971 )を収録したものです。豪華なブックレットにはクインシーの曲ごとの解説があって、読み応え十分。

 英国のブラス・ロック・・・実に深い。

if24.jpg


Dennis Elliott / Drums
J.W. Hodgkinson / Vocals
John Mealing / Keyboards, Vocals
Dick Morrissey / Saxophones, Flute
Dave Quincy / Saxophones
Jim Richardson / Bass
Terry Smith / Guitar


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。