第74話 Rita Lee  『Build Up』 (1970) Brasil

今夜の一曲 José(Joseph)


ritalee.jpg


 単なる小生意気な不良娘と思ってたけど、やることなすこと半端じゃない。軍政に反発して、サンパウロの水道施設にLSDをぶち込もうとしたって言うキナ臭い話もある。(真偽不明なり^^;)

 それでも彼女の逸材ぶりに、御大ジョアン・ジルベルト(João Gilberto)は自らヒタにアプローチして、TVショーで共演しているし、唐辛子の姉御エリス・ヘジーナ(Elis Regina)は彼女に敬意を表し、娘にマリア・ヒタ(Maria Rita)という名前までつけた。

 ヒタ・リー(Rita Lee)のソロ・デビュー作『ビルド・アップ』(Build Up)(1970)。カルト人気を誇るアルバムだが、当時のセールスはさっぱりだった。せいぜいジョルジュ・ムスタキ(Georges Moustaki)/ナラ・レオン(Nara Leão)による「José (Joseph)」のカバー・シングルが、そこそこ注目された程度だった。

 アルバムの中味はフレンチ・ポップスだったり、ミュージカルぽかったり、ビートルズをパロったり、ハワイアン飛び出したり、かと思えばタンゴのリズムが鳴り響いたりで、よくわかんない。それがまさに魅力か。(笑)。


ritalee2.jpg


 ブラインド・テストしたらサンディ・ショー(Sandie Shaw)か、ブリジッド・バルドー(Brigitte Bardot)か、はたまたフランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy )かって思う曲まである。

 オケのアレンジは、達人ホジェリオ・ドュプラーチ(Rogério Duprat)、プロデュースは当時のパートナーのアルナウド・バプティスタ(Arnaldo Baptista )で、コーディネータがマヌエル・バレムベム(Manoel Barembem)。

 マヌエルは、ガル・コスタ(Gal Costa)、カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)、ジルベルト・ジル(Gilberto Gil)、ナラ・レオン(Nara Leão)、ジョルジュ・ベン(Jorge Ben)、シコ・バルケ(Chico Buarque )らのプロデュースを歴任する腕前。

 『今日は残りの人生最初の日』(Hoje O Primeiro Dia Do Resto Da Sua Vida)(1972)は、ヒタがオス・ムタンチス(Os Mutantes)脱退前夜に残したソロ第二作目だ。当初は、ムタンチスのアルバムとして考えていたらしい。しかし、レーベルとの折り合いがつかず、ヴォーカルをヒタに任せた上で、彼女のソロ作としてリリースされた。こいつがまた激レアで、$1000の値がついたりする。


ritalee7.jpg


 タイミングとしては、『ボーレの国のムタンチスと流れ星たち』(Mutantes e Seus Cometas no País do Baurets)(May 1972)直後のリリース。レーベルとしては、1年たたずしてリリースを連投することは避けたかった。しかし、クリエイティヴな意欲に満ちていたセルジオとアルナウド兄弟にとって、そんな制約は煩わしいばかりだった。

 こうしてリリースされたのがヒタのセカンド・ソロ(Sept 1972)。日本盤のタイトルは『今日は残りの人生最初の日』。「なんじゃ、それ」って感じですよね。

 ところが、あるきっかけで、その意味するところが見えた。勿論、正解かどうかわかんないけど。

 英訳すると『Today is the first day of the rest of your life』となる。実は、これグリーティング・カードなどに印刷されてる有名な文句なんです。でも、本来は「薬物の依存患者に、再起を促すスローガン」だったようだ。


ritalee5.jpg


 この言葉を最初に使ったのは、チャールズ・ディードリッヒ(Charles Dederich)というアメリカ人。チャールズは、1958年にカリフォルニアでヘロイン依存患者の救済機関Synanon(シナノン)を設立した人だ。ディードリッヒ自身について調べてみると、結構訳ありだったりするが、ここでは深く立ち入りません。

 スローガンが意味するところは、「過去を振り返らずに、今日を人生の新しい出発点にする」ことを呼びかけたもの。要するに「いつやり直しても遅すぎることはない」「一日一日を大切に生きよう」ということ。で、1960年代アメリカで流行した格言だ。アカデミー受賞の映画『アメリカン・ビューティー』(American Beauty)(1999)でも引用されている。

 ま、いずれにしても当時のオス・ムタンチスがクスリまみれだったことを考えると、あながちムシできない推測だと思うのだが、果たして・・・

 このソロ第二作のタイトル曲は、アブストラクトなSEで始まる。歌詞カード見ても、猥雑(わいざつ)なコトだけはわかるけど、意味があるようでないようで、ヒタの巧妙な企みが見えてこない。単に自分たちをパロったのか、それとも世相をシニカルに捉えたのか。

 ま、謎は謎ですね。


ritalee4.jpg

Rita Lee - vocals
Arnaldo Baptista - Composer, Musical Direction, Producer
Sergio - bass guitar
Alexander Gordin - guitar
Diogenes - drums
Rogério Duprat - Arranger, Orchestral Arrangements
Manoel Barenbein - Project Coordinator

それでは、次回はメロキャン・ネタの最終回。<メロウ・キャンドル~光と影> と題して・・・


第44話 Os Mutantes  『Jardim Eletrico』 (1971) へ
スポンサーサイト

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ゲスト・ブック
Profile

ticca

Author:ticca
 音楽ネタを中心とした雑記帳です。

 60年代後半から70年代にかけてのワールドワイドなロック、ポップス、プログレ、アシッド、サイケ、フォーク、ジャズロック、ジャズなどの話題を主に、ひっそりメモってます。

 それぞれの記事はその時々のフィーリングで書いていますが、基本形はある曲をきっかけに感じた雑感が題材になっています。

 私は単なる音楽愛好家ですので、記事に関しては、思い込みや勘違いがたっぷりあることかと思います。その点はご容赦願います。もし、お気づきの点があれば、ご指摘下さい。

 個人的に思い入れのあるものを主に綴っていますので、マイナーかつ気まぐれなセレクション、お許し下さい。

 それでは、今宵の音楽夜話におつきあい下さい。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR